引きこもりの支援は働きたい人しか無理な件について考える

引きこもり問題は、現在緊急な課題になっている。そこに至った理由は様々であり、一括りには出来ない。そして個人として引きこもりを脱出するのは難しいため、支援をするという考え方は正しい。「しかし、全ての人を対象にする余裕があるだろうか?」。今回は、その点について考えていく。

「週休3日制」は無理なのだろうか?

「週休3日制は個人として、企業としても無理なのだろうか?」。個人的には実施するのは簡単だと考えている。ただ多くの人に受け入れてもらえない現実は残っている。その点を社員側と企業側の両面から考えていく。

全ては自己責任と考えて始めよう!

現在の風潮として「自己責任」は、強者の言い訳に使われているイメージである。社会的に問題があることに関して、個人の問題にすり替えている感じだ。またそれを言われている個人も、「自己責任と言うのはすり替えだ」と訴えている。簡単に言えば、お互い自分に都合よく解釈して主張しているに過ぎない。今回はその点を踏まえて、「自己責任」について考えてみる。

学校の運動会や体育祭なんかいらない!

「学校の運動会や体育祭なんかいらない!」。学生時代、ずっとそのように考えてきた。理由は一つである。「運動が苦手だから嫌い」。他の人がどのように考えているか調査したことはない。また何十年前と今とでは違うかもしれない。その点も含めて、いろいろと考えてみる。

東海道新幹線なら自由席がおすすめな件を考える

今回は東海道新幹線なら、自由席がおすすめな件を考えていく。これを書くキッカケになったのは、「自由席に座る人はお金持ちになれない」という、下に書いている記事を読んだから。ただし管理人が乗っているのは新大阪(もしくは京都)~東京間のため、名古屋などの中間駅の場合、状況は少し異なるので留意下さい。

競馬場にギャンブル依存症の人が入れなくなる件について考える

日本中央競馬会(JRA)がギャンブル依存症対策として、競馬場への入場を禁止する方針を発表した。家族が顔写真を提供すれば、入口及び内部で発見次第に声をかける方法になる。時期は今秋の実施を目指している。 また競輪やオートレースなどとも連携を予定している。今回はこの件について考えていく。

貧困問題は多いけど、国や社会では解決出来ない?

テレビや新聞、ネットのニュースを見ると貧困問題を結構見る。いろいろな問題を指摘しており、納得できることも多い。けどいつも不思議なことがある。結論がいつも見つからない...結局は国や社会、メディアも含めて解決出来ないのでは?その点について考えていく。