井の中の蛙は幸せな件について考える

「井の中の蛙大海を知らず」という言葉がある。これは自分が知っている世界を全てと思い込み、世界の広さを理解していない人に対してよく使われる言葉だ。明らかにマイナスのイメージとして言われている。しかし本人にとってはどうなのだろうか?今回はその点について考えていく。

花見のゴミ問題について対策を考えてみる

花見でのゴミ問題が発生している。2018年3月26日に都立舍人公園のツイートで、桜の下にゴミが散乱している写真がアップされていた。それにより、花見後のマナーについてコメントしている。今回はこの件について考えていく。

「話半分」とは適当に聞くという意味とは違う点を考える

「話半分」という言葉がある。辞書などで調べてみると、「話の半分程度はうそや誇張のため、半分ぐらい割り引いて聞いておくのがちょうどよい」と言う意味になる。しかしこれでは、人の話の何を信じたら良いか分からない。その点について改めて意味を考えてみる。

いじめた側に対する罰を考えてみる

学校のいじめが無くならない。多くの人が無くす努力をしているが、明確な解決案は見つからない。「しかし何とかしないといけない!」。今回考えるキッカケになったのは、2017年11月に埼玉県鶴ヶ島市で起きた小学校6年生の女の子が自殺した件について、2018年3月27日にいじめと認定されたからだ。これからいろいろ考えていく。