日本はゼロからやり直す時期に来ている件について

最近日本国内のニュースで、プラスと感じることが少ない。と言うより、ほとんど無い。しかし日本は本当にダメなのだろうか?復活することは無いのだろうか?また復活するためには、何が必要なのだろうか?その点について考えていく。

「正しいことが正しくないことも有る」件について考える

「正しいことは正しいのだろうか?」。これを考えるキッカケになったのは、河野裕さんの「いなくなれ、群青」に書かれている言葉からになる。「正しいことの正しさを信じ過ぎている」。主人公の男子高校生・七草が、幼馴染の真辺由宇に話した言葉だ。今回はこの件について考えていく。

北朝鮮と韓国の会談後に考えるべきたった一つのこと

2018年4月27日、北朝鮮の金正恩委員長と韓国の文在寅大統領の会談が行われた。最近の緊張状態からすると、大きな一歩と考えられる。「非核化」や「終戦」など望むべき言葉が踊っているが、本当に気にしなければいけないのは、その点では無い。今回はこの件について考えていく。