思考の記録一覧

日本人の「自分たちは違う」という感覚について考える

2018年7月、西日本には大雨による被害、全国的に連日の猛暑による熱中症など、いろいろな問題が発生している。しかし避難指示が出ていながら避難していなかったり、これほど熱中症が取り上げられているのに、行事などを予定通り実行して問題が発生しているのが続いている。「一体、なぜだろうか?」

災害時におけるマスコミの報道は迷惑か?について考えてみる

2018年7月6日以降に起こった「平成30年7月豪雨」により、西日本では甚大な被害が発生しています。これにより救助はもちろん、支援なども混乱をきたしているのは間違いありません。またいくら考えて努力しても、混乱するのは当たり前とも言えます。そしていつも気になるのは、マスコミの報道です。今回はこの点について考えていく。

「正しいことが正しくないことも有る」件について考える

「正しいことは正しいのだろうか?」。これを考えるキッカケになったのは、河野裕さんの「いなくなれ、群青」に書かれている言葉からになる。「正しいことの正しさを信じ過ぎている」。主人公の男子高校生・七草が、幼馴染の真辺由宇に話した言葉だ。今回はこの件について考えていく。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R