本の紹介・名言一覧

「君は、きっとただ一人、私に真実と日常を与えてくれる人なんじゃないかな」が名言なので紹介する

住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」の名言を紹介する。「君は、きっとただ一人、私に真実と日常を与えてくれる人なんじゃないかな」。病気のことを知っているクラスメイトに対して、桜良の話した言葉だ。この時の状況など、いろいろ考えていく。

「何をしたかの差なんかで私の今日の価値は変わらない」が名言なので紹介する

住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」の名言を紹介する。「一日の価値は全部一緒なんだから、何をしたかの差なんかで私の今日の価値は変わらない」。病気のことを知っているクラスメイトに対して、桜良の話した言葉だ。この時の状況など、いろいろ考えていく。

「勉強は一番ローリスクなことかもしれない」が事実なので紹介する

2018年の本屋大賞に輝いた辻村深月さんの「かがみの孤城」に間違いのない名言があったので紹介する。全文は次になる。「勉強は一番ローリスクなことかもしれない」。喜多嶋先生が、ある専門的なことを目指していた子供に対して話した言葉になる。この時の状況など、いろいろ考えていく。

「どこまでも自分たちに都合よくしか、回っていなかった」が悲しい事実について

2018年の本屋大賞に輝いた辻村深月さんの「かがみの孤城」に悲しいぐらいの事実が書かれていたので紹介する。全文は次になる。「あの子たちの世界は、どこまでも自分たちに都合よくしか、回っていなかった」。物語の主人公こころが、いじめをしている相手に対して感じた言葉になる。この時の状況など、いろいろ考えていく。

「今から冒険が始まるかも、とか、期待しないのか」が名言なので紹介する

2018年の本屋大賞に輝いた辻村深月さんの「かがみの孤城」に名言があったので紹介する。全文は次になる。「今から冒険が始まるかも、とか、異世界ファンタジー? とか、期待しないのか」。物語の主人公こころがを、かがみの孤城に呼び寄せた狼少女が話した言葉だ。この時の状況など、いろいろ考えていく。

「そんな奇跡は起きないことは、知っている」が残念な件について

2018年の本屋大賞に輝いた辻村深月さんの「かがみの孤城」に考えさせられる名言があったので紹介する。全文は次になる。「そんな奇跡が起きたらいいと、ずっと、願っている。そんな奇跡が起きないことは、知っている」。物語の主人公こころが、冒頭で願っている言葉になる。この時の状況など、いろいろ考えていく。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R