新潟十和田・林道で20代女性の遺体が見つかった事件を考える

2018年8月11日午後5時すぎ、新潟県十和田市の林道で、20代女性とみられる遺体が発見された。

遺体は背中に刃物が刺さったまま、うつ伏せの状態で倒れていたという。

元ネタはこちら

→(テレ朝)林道に女性遺体 一部が白骨化 事件か 新潟

→(産経)遺体は20代女性か、背中に刃物刺さったまま発見

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク
wp_336x280R

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、テレ朝の記事を抜粋します。
新潟県十日町市の林道で11日、女性の変死体が発見されました。
午後5時すぎ、バイクで付近を通り掛かった男性から「遺体のようなものを発見した」と警察に通報がありました。警察によりますと、遺体は年齢不詳の女性で身長は165センチほどの痩せ形、黒いカーディガンとボーダー柄のキャミソール、薄い青色のワイドパンツを身に着けていました。一部、白骨化していますが、死後それほど時間が経っていないとみられます。警察は司法解剖の結果から、事件の可能性が高まったとして捜査本部を設置しました。

産経の記事より不足している分を追加していきます。
発見された時、被害者の背中には刃物が刺さっており、うつ伏せの状態だったとのこと。
背中には複数の刺し傷があり、一部は骨に達していた。
死亡時期は8月初旬とみられている。
着衣に乱れはなかったが、靴は見つかっていない。
被害者は身元を示す物を見に付けてなかった。

感想と考察

今回の事件については、記事に書いている以上のことは分からない。そのためここから書くことは、予測や可能性についてになる。

現状においては何も分かっていないのと同じだが、何点か疑問点があるのも事実になる。その点を個別に考えていく。

まず今回の事件だが、このような人気のない林道に遺体を遺棄しているため、別の場所で殺害してから運んだと考える。しかしその場合、なぜ刃物を抜かなかったのだろうか?
間違いなく運ぶ時にも邪魔になると考えるのだが?
ただ現地で殺害し、あわてて逃げたのなら理解できる。しかし人気のない場所なのだから、やはり刃物は持ち去るだろう。
なぜ犯人は身元の特定につながる可能性が高い刃物を、残したのかが分からない。

また殺害場所の特定についてだが、遺体が見つかった場所の周りには血痕が残っていたのだろうか? もし多数残っていればこの場所で殺害された可能性は高くなる。もし無ければ別の場所で殺害されたことが確定となる。

記事によれば被害者は黒いカーディガンを着ていたとある。この時期のため屋外だとカーディガンを着るとは思えない。屋内で冷房が聞いた所で殺害されたのだろうか?

また被害者はどのような立場なのだろうか? 実家にいるなら被害届が出ているはず。一人暮らしでも会社勤めをしていれば、何らかのアクションがあってもよい。
行方不明者との照合はこれからということだろうか?

ここまでいろいろ考えてきましたが、全ては可能性であり、また個人的な予測に過ぎません。これからの警察の捜査の進捗を引き続き調べて行きます。

今回の事件で若い女性が亡くなったのは事実です。今後同じような事件が起こらないことを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク