東京・タクシー運転手が覚醒剤を使用して逮捕された事件を考える

2018年8月9日、東京都大田区のタクシー運転手の男(58)を、覚醒剤を使用したとして逮捕した。

男は同年7月下旬~8月9日の間に覚醒剤を使用し、タクシー業務をしていたとみられている。

元ネタはこちら

→(テレ朝)覚醒剤使用後に客乗せたか タクシー運転手を逮捕

→(サンスポ)「客が忘れていった」 覚醒剤使用容疑でタクシー運転手の男逮捕

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク
wp_336x280R

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、テレ朝の記事を抜粋します。(実名は伏せています)
覚醒剤を使用したとして、タクシー運転手の男が逮捕されました。男は覚醒剤の成分が体に残った状態で客数人を乗せていたということです。
容疑者(58)は、7月下旬から8月にかけて覚醒剤を使用した疑いが持たれています。警視庁によりますと、容疑者の腕には注射の痕があり、尿から覚醒剤の陽性反応が出たため緊急逮捕しました。容疑者は「車の中に客が覚醒剤を忘れていった」「自宅に帰って使った」などと供述しています。乗務記録によりますと、その後、8人の客を乗せていたということです。警視庁は覚醒剤の入手経路などを調べています。

サンスポの記事より不足している分を追加していきます。
8月9日午前11時25分ごろ、東京都渋谷区の交差点で、タクシーが信号無視したことにより今回の事件が発覚している。
容疑者は「8日朝に使った」と話している。

感想と考察

今回の事件については、記事に書いている以上のことは分からない。そのためここから書くことは、予測や可能性についてになる。

今回は覚醒剤を使用したタクシー運転手が、そのまま業務を続けて客も乗せていました。一歩間違えば大変な事態になったことは間違いありません。
ただ全体的なことがよく分からないのも事実です。

今回の件で不思議なことの一つは、「車の中に客が覚醒剤を忘れていった」と容疑者が供述していることです。普通、忘れるでしょうか? 覚醒剤の入っているカバンを忘れたということでしょうか? 常識的に考えてあり得ません。

次にさらに不思議なのは、この運転手が覚醒剤と認識したことだ。普通なら判断がつかないし、何より訳がわからない粉を自分の身体に打つはずがない。と言うより、普通なら注射など持っていない。

容疑者の供述が正しいとしたら、覚醒剤に興味があり、また自分で打つことを考えているタクシー運転手の車内に、偶然誰か分からない人が覚醒剤を忘れていったことになる。

この可能性って、宝くじの一等を当てるよりはるかに低いと考える。はっきり言ってあり得ない。もしあるとしたら、覚醒剤の取引方法の一つとして荷物を忘れる方法では無いだろうか?

これなら全ての関係性が分かりやすい。ただしこれは個人的な予想に過ぎないので、何の根拠も無いことは言うまでもない。

とにかく危険な事件であり、また不思議な事件でもあります。今後の警察の捜査の進捗を引き続き調べていきます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク