「マルチステージの人生では、年齢と経験は比例しないからだ」が名言なので紹介する

全文は次になります。

「3ステージの人生では、年齢は経験を推し量る材料として有効であり、それが昇進と給与に直接反映されるのは合理的だったが、マルチステージの人生では、年齢と経験は比例しないからだ

「ライフ・シフト(リンダ・グラットン)」という本の中に書いている言葉になります。

少し前の日本では、学校を卒業した後に会社で働き、そして定年後の人生を過ごしていく3ステージと呼ばれる状態が普通だった。

しかし現代では転職するのは普通であり、そのため年功序列の考え方が崩れてきている。従来なら年齢イコール経験だったが、現在は違うということだ。そのため年齢序列では公平ではなくなってきている。

それはチャンスでもあるのだが、特別な技能を持たない人にとってはピンチ以外の何物でもない。そしてなにより一つの会社で定年まで働くつもりだった人は、他の会社で通用する技能を持たないことが多い。それは優劣では無いのだが、残酷な現実でもある。

少なくともこれからを生きる人は、年齢が上がれば給料も上がるという幻想を持ってはいけないということだ。だからこそ、他で通用する技能の習得に努めなければいけない。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

posted with amazlet at 18.08.01
リンダ グラットン アンドリュー スコット
東洋経済新報社
売り上げランキング: 196

→「柔軟性を保つことは一部の人の目には非効率にしか見えないかもしれない」が名言なので紹介する

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R