愛知刈谷・スーパーで万引きし警備員に暴行した男が逮捕された事件を考える

2018年8月6日午後7時すぎ、愛知県刈谷市の「アピタ刈谷店」で、万引きし警備員に暴行をしたとして58歳の男が逮捕された。

男は容疑を否認している。

元ネタはこちら

→寿司など万引きし呼び止めた警備員殴った疑いで男逮捕 愛知

→(CBC)愛知県刈谷市のショッピングセンターで万引き後に暴行 58歳の男を逮捕

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク
wp_336x280R

事件の状況確認

ここでは事件の状況確認として、東海テレビの記事を抜粋します。(実名は伏せています)
愛知県刈谷市のスーパーで6日夜、寿司などを万引きし、呼び止めた女性警備員の腕を殴ったとして、58歳の男が逮捕されました。
逮捕されたのは、刈谷市半城土中町1丁目の自称コンサルタント業の男(58)です。
6日午後7時すぎ、「アピタ刈谷店」で、寿司パックなど16点、およそ1万円相当の商品を盗み、呼び止めた女性警備員(45)の右腕を数回殴った、事後強盗の疑いが持たれています。
女性警備員にケガはなく、容疑者は一緒にいた男性警備員らに取り押さえられ、警察官に引き渡されました。
調べに対し、容疑者は「万引きしたわけではなく未会計の商品を持ったままうっかり車にメガネを取りに行っただけで、警備員も殴ったわけではない」と容疑を否認しています。

CBCの記事より不足している分を追加していきます。
こちらでは「盗んで逃げようとした」と表現されている。

感想と考察

今回のような万引きや警備員を振りほどこうとして暴行するのは、特に珍しくはない。あえてここで考えることでもない。

ただ今回注目するのは、容疑者が容疑を否認していることだ。この状況で現行犯逮捕されているのに、何をどうしたら否認できるのだろうか?

容疑者は「万引きしたわけではなく未会計の商品を持ったままうっかり車にメガネを取りに行っただけで、警備員も殴ったわけではない」に話している。

殴ったかどうかは認識の違いもあるので、ここでは取り上げない。問題は「うっかり車にメガネを取りに行った」という言い訳だ。
今回の場合、容疑者は16点万引きしている。この時に容疑者はカゴを使っていたのだろうか? カゴを持ったまま「うっかり」は無いだろう。もし自分の袋に入れていれば論外になる。また買い物前ならともかく、買い物できたのだから今更メガネはいらないだろう。

とにかく言っていることがメチャクチャだ。

ただこの容疑者が認知症を患っていたら話は別だが、どうもそれは違うだろう。

そう考えると悪質と言って間違いないし、こんな言い訳が通ったら世の中から犯罪者がいなくなってしまう。

まったく58歳にもなって何をしてるのですかね?

このような容疑者には、警察による厳正な処置を期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク