「あなたは、引退後の自分がなにをしたいと望み、なにを楽しいと感じるか想像できるだろうか?」が名言なので紹介する

「あなたは、引退後の自分がなにをしたいと望み、なにを楽しいと感じるか想像できるだろうか?

「ライフ・シフト(リンダ・グラットン)」という本の中に書いている言葉になります。

引退後のことを何となく考えることはあるだろう。時間があるから今まで出来なかったことをしたいなどだろうか?

しかしそれは具体的なものだろうか?
それはしたいと思っているだけで、「する」まで行っているだろうか?
またそれは金銭面も含めて、出来るのだろうか?

このように明確なことまで考えていないだろう。

また時間があるためいつでも出来るとなると、意外と人はしないものだ。近所にある観光スポットもいつでも行けると考えて、行っていない人は多い。

もちろん今考えていることと、将来は全然違うものになるだろう。しかしだからといって考えないと、それは悲惨な未来が待っている可能性が高い。高齢の人で生活に苦労している場合、自分がこのようになるとは考えていなかっただろう。

おそらく未来は国や社会が守ってはくれないだろう。
まず引退後を楽しめる環境を自分で作らないといけないですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

posted with amazlet at 18.08.01
リンダ グラットン アンドリュー スコット
東洋経済新報社
売り上げランキング: 196

→リンダ・グラットン インデックス

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R