「人生の早い時期に一度にまとめて知識を身につける時代は終わるかもしれない」が名言なので紹介する

全文は次になります。

「100年ライフが当たり前になれば、人生の早い時期に一度にまとめて知識を身につける時代は終わるかもしれない

「ライフ・シフト(リンダ・グラットン)」という本の中に書いている言葉になります。

現代において一般的な人生の流れは、大学まで(もしくは大学院)勉強し、その後は社会人として実務に関わり、そして引退していく流れとなる。一度学校を離れると、勉強するとしても「仕事の合間」に行うに過ぎない。その結果、他の分野で活躍できるほどの知識を得ることは出来ない。

このような環境だから、一度リストラに合うと露頭に迷う人が多い。そのため会社にしがみついてしまい、ブラック企業でも受け入れてしまう環境が出来てしまう...

しかしこれからは長寿化時代であり、また同じ会社で一生を終えることは困難である。そのため、人生の間に仕事から離れて学習する期間が必要になると著者は訴えている。
これは大学に入るという以外にも、専門学校に入ったり、また既定のものではなく、個人としていろいろなものを見て回るというのもある。学習の方法など決まったものは存在しない。

このような話をすると、「ではその間の生活費はどうするんだ?」となるが、それは自分で事前に準備しないといけない。「無責任な!」と怒るかもしれないが、それが出来ないなら一生人の下で雇われるだけの人生が待っている。間違いなくこれからの時代は、低賃金で叩かれるだろう。

そうならないために若いうちから勉強し、それぞれの人が対策を立てているのである。それは良い大学を出て、良い会社に入りという流れのことではなく、自分の長所を考えて対策を立てているかということである。金持ちには金持ちの流れがあり、そうでない人にはそうでない成功の流れがある。それを事前に考えないといけない。

言うまでもないが、学校を出てからがスタートであり、勉強も学校を出てからが本格的なスタートだと考えている。時代に流されているだけの人を助けるほど、優しい社会は残念ながら来ることは無いでしょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

posted with amazlet at 18.08.01
リンダ グラットン アンドリュー スコット
東洋経済新報社
売り上げランキング: 196

→「ものの知り方を変えるとき変身は起こる」が名言なので紹介する

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R