「お金は人を飲み込むんです」が名言なので紹介する

全文は次になります。

「お金は人を飲み込むんです。個性も思想も何もかも飲み込んで、平均化してしまう

「億男(川村元気)」という本の中に書いている言葉になります。

状況の説明

図書館司書をしている一男は宝くじで3億円を当てるが、それを親友に持ち逃げされてしまう。そこから始まる一男のお金をめぐる30日間の物語。

金持ちの親友・九十九に3億円を取られた一男は、九十九の会社を手伝っていた女性に会いに行く。

その女性は今は普通の男性と結婚し、平穏な日々を過ごしていた。
しかし一男に対して、かって九十九と恋人同士であった時の話を始めた。それは初めは新鮮な毎日だったが、徐々にお金が出来てくると、当たり前の贅沢をする日々が続いていった。
九十九の感覚が時間を使うのではなく、お金を使うことに変わっていったのだ。

その日々を思い出しながら女性が一男に語りかけたのが、今回の名言になる。

感想と考察

今回の主人公のように、「宝くじが当たったら?」という話をする人は多い。

しかしそこから出てくる希望は、多くの人が似通っている。それは自分のしたいことではなく、誰かがしていて「楽しそう」に見えていることを言っているに過ぎない?

もしくは「仕事を辞めて、好きなことをする」でしょうか?

好きなことって何ですか? それは本当にしたいことですか?

まとめ

改めて考えると、お金を使う方法って意外と少ない。

まして自分が本当にしたいことに使うとなると、本当に限られている。

世間的に楽しいやすごいと言われてることはあるが、それに自分が興味があるかと問われたら、ない場合がほとんどだ。

改めて自分は金持ちに興味が無いことに気付いてしまう...

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

億男 (文春文庫)

億男 (文春文庫)

posted with amazlet at 18.07.28
川村 元気
文藝春秋 (2018-03-09)
売り上げランキング: 1,637

→「皆が揃って、漠然とした夢のためにお金を求めている」が名言なので紹介する

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R