ホリエモンが校舎のない学校(ゼロ高等学院)を開設する件を考える

2018年7月26日のBuzzFeeDの記事で、「ホリエモン」こと堀江氏が校舎のない学校を10月に開校するすることが分かった。

座学を目的とせず、実学を重視する学校を目指している。

元ネタはこちら

→(Buzz)ホリエモンが校舎のない学校を開校する 「これからの時代、座学より行動だ」

今回はこの件について考えていきます。

スポンサーリンク
wp_336x280R

感想と考察

まず最初にこの学校が上手くいくかと聞かれたら、「分かりません」と答えます。無責任かもしれませんが、本当に分からなし、誰にも分からないのです。

ただ考え方としては興味深いものがあります。

ここからは個別に考えていきます。

学校の趣旨について

ここでは学校の趣旨をBuzzFeeDの記事よりまとめてみます。

座学を目的とせず、実学を重視する学校「ゼロ高等学院(通称:ゼロ高)」が10月に開校する。
主宰するのは、実業家の「ホリエモン」こと堀江貴文さん。
ゼロ高は、同校の設立を目的とした企業「SNS education株式会社」(内藤賢司社長)が運営。
「大切なことは自分でわかっていくしかない」が教育方針。
堀江さんらが持つネットワークを活かし、多岐にわたる分野の第一線で活躍するプロフェッショナルたちから最先端の技術や知識を学んでもらう用意がある。

ゼロ高そのものは学校教育法上の「高等学校」には当たらず、高校卒業資格を得られない。
そのため、広域通信制高校である「鹿島山北高等学校(神奈川県)」と連携。生徒は、鹿島山北にも同時に入学することになる。3年間で必要単位を取得することで、高校卒業資格を得られるようにするという。

「とにかく僕たちは、これからの時代、座学より行動してもらいたい。人生、行動したやつが一番強く、一番得しているんです」

定員は400人、10月に入学式を予定。
ゼロ高は、全国の高校を卒業していない人が入学対象で、定員は400人を想定している。
費用は3年間で108万円(入学金無料キャンペーン中)。別途、教科書代や課外活動費、鹿島山北高校の学費約30万円(3年間)などが必要になる。
新入学の時期は4月と10月の年2回で、編入・転入生に関しては毎月受け入れる。今年10月に静岡県で入学式を予定している。

問題点・疑問点について

いろいろと書いているが、個人的にはこの学校を次のように捉えている。

「普通に通信制の高校に行き、希望に応じてプロの人から教えてもらえる学校」

そのため学校という名前だが、従来の学校とは全く異なる。実際のプロと出会うことで、現実を知る場を提供するイメージになる。もしくは実践重視の職業訓練学校となる。

または辞めてもOKな体験入社だろうか?

ただこの学校で一番気になるのは「堀江さんらが持つネットワークを活かし、多岐にわたる分野の第一線で活躍するプロフェッショナルたち」の部分だ。
言い方を変えれば、堀江氏のネットワークの無いことは出来ない、ということだろうか?
そうなると、あまりにも限定的となってしまうが...

入学を考えている人は、自分のやりたいことと学校のネットワークが合っているかを、事前に調べたほうがいいだろう。

また会社員を目指す人より、独立したい人向けなのは間違いないと考えている。

まとめ

今回の記事が載っている口コミを見ているのですが、大半が批判的な意見を書いています。確かに的を得たことを言っているように感じています。

個人的にもこの学校の経営や教育が「難しい」ことは予想しています。おそらく相当な困難を伴うでしょう。しかし初めにも書きましたが、非常に興味深いのも事実です。

この学校が成功するとしたら、それは「常に変化していくこと」だと考えています。はっきり言って、今の大半はダメになるでしょう。しかしダメな所を見直して、よりよく変更していけたら、面白い存在になるのも事実です。

またこれは個人的な考えだが、現在考えているような「大きな面」ではなく、「小さな点」を上手く構築し、その連携やネットワークを学校がカバーする。そのような管理のほうが成長性があるように感じている。

改めて書くが、ここは学校というカテゴリーで考えるとおかしなことになる。
「失敗の出来る、職業体験紹介所」と見るとどうでしょうか?

そして万人向けの場所ではなく、万人とは違う人向けの場所としての認識されれば、興味深い人が生まれるかもしれないですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク