きらぼし銀行の行員が4億円近く着服した事件の報道について考える

2018年7月9日、きらぼし銀行は行員が顧客から預かった3億7500万円を着服した疑いがあるとして、行員を8日付けで懲戒解雇処分したことを発表した。

行員は現在失踪しているとのこと。

元ネタはこちら

→(テレ朝)4億円近くを着服か きらぼし銀行の元行員が失踪中

→(朝日)3.7億円着服の疑い、きらぼし銀・元行員が失踪

今回はこの件における報道について考えていく。

ここに書いていくのは独自の調査をしているのではなく、あくまで記事から考えたことや、感じたことになる。

スポンサーリンク

感想と考察

事件としては高額だしトンデモナイが、それ以上に「なぜ発覚しなかったのか?」に疑問を持ったのが本音だ。

ここからは個別に考えていく。

事件の状況確認

事件の状況について、テレ朝と朝日の記事からまとめてみます。

7月9日、きらぼし銀行は男性行員(36)が、顧客から預かった現金3億7500万円を着服した疑いがあるとして、8日付で懲戒解雇処分とした。
元行員は失踪しており、現在のところ行方は分からない。同行は警視庁に相談している。
事件の詳細は、石神井支店の営業担当だった男性行員が、2016年5月から2018年5月にかけて「定期預金の作成」を名目に、普通預金から現金を引き出していた。
顧客には偽造した定期預金証明書を渡している。被害は法人2社、個人4人が確認されている。
2018年7月2日に顧客から定期預金の解約依頼があり、それにより発覚した。当日2日以降、元行員は出社していないとのこと。

疑問点?

今回、疑問に思う点が三つある。

一つ目は、「定期預金証明書を偽造出来るのか?」という点になる。
銀行の仕組みはよく知らないが、この手の書類を作るには何らかのダブルチェックをしているのでは無いだろうか?
形だけでも上司のハンコなどが必要になり、一人では作成出来ないと考えているが、違うのだろうか?
それとも元行員は、それっぽい全く偽物の書類を作成したのだろうか?
その点がよく分からない。

二つ目は、「現金の着服方法」がよく分からない点になる。
現金は顧客が引き出して行員に渡したのだろうか? それなら場所は銀行ではなく、それぞれの事務所や自宅で渡したのだろう?
そうではなく行員自体が現金を引き出したのなら、どのような名目で引き出したのだろうか?
普通預金の名目で引き出すことは可能でも、定期預金にしなかったら金額が合わないことになる。その状態で気づかないのだろうか?
金額が大きい割には、何かズサンな感じがする。

三つ目は、「着服期間が2年」に渡っている点になる。
この期間中に誰もが確認を行わなかったのだろうか? 高額のため解約はともかく残高確認くらいはしても良さそうだが、誰もしていなかったことになる。
少ないとは言え利息もあるのだから、誰も確認しなかったとしたら少し異常を感じる。

まとめ

今回の件は元行員が悪いのは言うまでもない。顧客に落ち度があるとは考えない。

しかし本当に入金や定期預金になっているかを確認するのは、最低限の作業ではないだろうか? 出来れば毎月一度は状態の確認を行いたい。

銀行は信頼できる機関ですが、100%信頼出来ないのは今回の事件を見ると明らかです。

顧客も監視する体勢は必要です。それこそが銀行をより健全化させると考えています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R