アニメ「殺戮の天使」の名言と画像まとめました

2018年夏アニメ「殺戮の天使」の名言と画像をまとめていきます。

↓公式ホームページはこちらより

ビルの地下最下層で目を覚ましたレイチェル。
病院でカウンセリングを受けていたはずだが、それ以外の記憶がなく、またここがどこなのかも分からない。
訳も分からないまま逃げ出したレイチェルの前に、死神のような鎌をもった男が現れて...
奇妙な関係で結ばれたレイチェルと殺人鬼による、ビルからの脱出行が始まるのだった。

1話 kill me. please.

「ここは...? 青くてキレイな月。でも、偽物みたいな、青い月。早くお父さんとお母さんの所に帰らないと!」

目覚めたレイチェルは、知らない場所にいた。そして地下なのに、偽物みたいな青い月。
訳も分からないまま、早速行動を開始するのだが...

「私は病院に来ていた。でも、ここじゃない」

扉を開けた先は、自分の知らない通路につながっていた。
そして天井には、無数の監視カメラが付いているのだった。

「君は一体誰で、何者か、自身で確かめてみるべきである。本来の姿か、望む姿か? 天使か、生贄か? 己を知れば、門は開かれる」

通路の先の壁に、この言葉が書かれていた。
意味の分からないレイチェルだったが、とにかく先に進むのだった。

「最下層の彼女は、生贄となりました。みなさま、各フロアーにて、ご準備をお願いします」

エレベーターに乗ったレイチェルは、放送を聞いた。
それは自分が「生贄」になったことを知らせるものだった。

「ここ、本当に建物の中なの? とにかく出口を探さないと!」

エレベーターが開いた先には、街を思わせる風景が広がっていた。
怯えるレイチェルだが、意を決して外に出るのだった。

「ここから一緒に出よう、ね!」

傷ついた小鳥を見て、優しく語りかけるレイチェル。しかし...

「お前は満ちた顔をしやがったな? でも、今は絶望だ! 3秒数えてやる。だからさ、逃げて見ろよ! そして、泣いて、叫んで、命乞いをしろ! もっと見せろ! 絶望の顔を!」

小鳥に話しかけていたレイチェルの前に、突然、鎌を持った男が現れた。
そしてレイチェルを絶望の渕に、叩き落とすのだった。

「おい、出てこいよ! て、出てくる訳ねーか!」

逃げて隠れているレイチェルを追い詰めた、包帯男のザック。
自分で言って、自分で否定している...

「違う! この小鳥は違う。こんなのじゃなかった。こんな姿じゃない。こんな、かわいそうじゃない。あの小鳥に直してあげないと。大丈夫。もう痛くないから。私の小鳥に直してあげる」

ザックに殺された小鳥を発見したレイチェル。
しかしただ悲しむだけではなく、行った行為は決して普通とは言えなかった...

「やっと見つけたぜ! 今度は1秒も、待ってやらねーや!」

一度はザックから逃げることに成功したが、再び見つかったレイチェル。
次は逃げる時間も与えてくれない。

「大丈夫。そいつはこの階には上がってこないよ。僕を信じて」

ザックから逃げて上の階に来たレイチェルの前に、病院でカウンセリングをしていたと言うダニーが現れた。
レイチェルを安心させるようなことを言っているが、明らかに怪しい...

「僕なら、キレイな眼が欲しいな。僕は片目が良くなくてね。君のような眼が僕のだったら、それはそれは素敵だろうね~!」

壁に書いていた文字から、自分の欲望について話すダニー。
それは異常者を思わせる言い方だった。

「おかしい。私の知ってる先生じゃない。逃げないと!」

自分の知ってる先生と、違うと感じているレイチェル。
例え記憶を失っていても、何かが残っているのかもしれない。

「地獄...」

ダニーに捕まり、「両親が地獄で待っている」と聞かされたレイチェル。
その瞬間からレイチェルの雰囲気は一変するのだった。

「俺はまともな成人男性だが、お人形さんを切り裂く趣味はねぇんだよ」

ダニーの階まで上がってきたザックは、ダニーを殺した後、レイチェルも殺そうとした。
しかし感情が死んだようなレイチェルを殺すのに、「まともな成人男性?」のザックは興味が持てないのだった。

「フロアーB6の者が、フロアーB5の者を攻撃しました。ルール違反により、裏切り者が生贄となりました」

ザック(フロアーB6)がダニー(フロアーB5)を攻撃をするのは、何らかのルール違反となる。
そのため、次はザックが生贄となるのだった。

「そうだ。私は、生きてちゃ...」

記憶が戻った?レイチェルは、このような言葉をつぶやいた。この真意は?

「あのね、お願いがあるの」「お願い。私を、殺して!」

ザックの元に近づいたレイチェル。
不思議に思うザックに対してレイチェルは、自分を殺すことをお願いするのだった。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク