死刑制度は必要か必要ないかを真面目に考えてみる

2018年7月6日、オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚を含む、元幹部7人の死刑執行が行われた。

これに伴い、死刑制度は必要か必要ないかを真面目に考えてみる。

元ネタはこちら

→(朝日)戦後最大規模の死刑執行、世界に衝撃 非人道的と批判も

スポンサーリンク

世界的な先進国の考え方

まず朝日新聞の記事に載っている、現在における先進国の考え方を抜粋する。

欧州連合(EU)加盟28カ国とアイスランド、ノルウェー、スイスは6日、今回の死刑執行を受けて「被害者やその家族には心から同情し、テロは厳しく非難するが、いかなる状況でも死刑執行には強く反対する。死刑は非人道的、残酷で犯罪の抑止効果もない」などとする共同声明を発表した。そのうえで「同じ価値観を持つ日本には、引き続き死刑制度の廃止を求めていく」とした。

これは記事の一部に過ぎないが、世界規模では死刑制度を無くす方向が主流となっている。

管理人の考えた

最初に個人的な結論を書いておくと、「死刑制度は必要」と考えている。

理由は簡単です。故意に人を殺害した人は、それと同様の罰を受ける必要があると考えているからです。

ただ人を殺害するとしても、交通事故などの不注意による場合は、もちろん死刑は厳しすぎると考えています。また国もしくは組織に強制された場合は、その時に応じた対応も必要です。

ただ難しい点があるとしたら、「飲酒運転で死亡事故を起こした」など、明らかに本人に問題があったとしても、故意ではない場合になる。

この判断は非常に難しいものになるだろう。

また本人や周りの誰かを傷つけようとしている相手や、自分を脅迫しているような相手に対しては、犯罪性を問われるかのレベルで考える必要があるのは言うまでもない。

スポンサーリンク

まとめ

先程の先進国の考え方に書いているのを繰り返すことになるが、死刑制度に反対する理由は、「死刑は非人道的、残酷で犯罪の抑止効果もない」という一点になると考える。

ただこれには反対の考え方も当然ある。

死刑になるほどの人は、「非人道的で残酷」な人物になります。そのような人に対しても、人道的であり優しく接しないといけないのだろうか?

「犯罪の抑止効果もない」と言いますが、では死刑をしなければ抑止効果は出るのでしょうか? また釈放された後の再犯の危険は無いのでしょうか?

このように一つの考え方に対しては、必ず反対の考え方が存在します。

そしてこの考え方に、「絶対的な正しさ」は存在しない。あるのは現時点における「相対的な正しさ」に過ぎない。

そして皮肉なことだが、この「正しさ」を盲目的に信じてしまうことが、人をもっとも残酷な行動に移させる。

そのため死刑制度のについては、永久に答えは出ないだろう。そして出ないことで、常に考えられるのが好ましい姿になる。

最期に改めて死刑制度の有無について書きますが、「死刑制度は必要です」。いかなる場合でも、加害者より被害者及び被害者の家族の気持ちを、優先する必要があります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R