SSL化したサイトがグーグルコンソールの「使用するドメイン設定」でエラーが出る問題の解決方法

独自サイトを作っている多くの人が、重複ページのペナルティ対策として、グーグルコンソールの「使用するドメイン設定」で、「www付、www無」を設定していると思います。

グーグルコンソールでwww付とwww無の二つを登録して設定する方法は、多くのサイトで紹介されているので、ここでは省略します。

ここで紹介するのは、最初からSSL化(https://で始まる分)しているサイトで、この「使用するドメイン設定」でエラーが出る問題の解決方法です。

スポンサーリンク

「https」のサイトをwww付と無で登録し、選ぼうとしても「所有権を確認してください」というエラーが出て、選択出来なかった。

もちろん所有権は確認済みです。それでも選択出来ませんでした。

しかし改めてエラーを見てみると、「httpの所有権を確認して下さい」。「https」のサイトを登録したのに、「http」の所有権を求められていたのです。

そのためダメもとで、「httpのwww付と無」を追加登録して、「使用するドメイン設定」を行いました。これは普通に出来ました。

その後で「https」側のサイトを設定すると、通常通り選択出来ました。

スポンサーリンク

以前に「http」で作っていたサイトを「https化」した時には普通に出来たので、まさか初めから「SSL化」しているサイトでも、初めは4個登録しないと行けないとは考えませんでした。

設定が終わった後に「http」の分は削除しても問題ありません。

終わってみれば簡単なことでしたが、意外とこれについて書いているサイトが無かったので、報告として書いています。

今回の情報が参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R