ロシアW杯・日本対ポーランド戦で擁護派と批判派が共に勘違いしている問題を指摘する

2018年6月28日午後11時より開始されたロシアW杯・日本対ポーランド戦、後半残り10~15分の日本の消極的な戦い方が話題になっている。

作戦と擁護する人がいれば、つまらない試合として批判する人など意見が分かれている。

今回はこの件の、擁護派も批判派もコメントしていない問題点を指摘する。

感想と考察

まず個人的な意見を言えば、批判派になります。その点は過去に書いた記事を参考にしてください。

→(過去の記事)ロシアW杯・日本がポーランド戦で他力本願なつまらない試合をした件を考える

まず一番の問題点を指摘する前に、それぞれの意見を拾い挙げてみる。

擁護派

擁護派の人の意見は次の一点に絞られる。

「結果が全ての世界だから、結果を出した作戦は正しい。それを批判するのはおかしい」

いかに消極的な作戦であっても、他力本願の要素が強くても、ブーイングを浴びようとも、結果を出しているのだから、監督や選手の判断は正しかった。

この考え方は感情論を抜きにし、冷徹な計算のみの世界とすれば正しいと考えます。

批判派

次に批判派の意見を見ていくが、これは感情論的な要素が多い。

「消極的な試合でつまらなかった」

「細かいポイント差を利用した、世界的な茶番」

「もしセネガルが同点に追いついたら、どうしていたんだ!」

「時間稼ぎは常套手段だが、あれはやりすぎ」

これは一部だが感情論的な意見が多く、また「もし?」というのも目立った。

今回の問題点は?

擁護及び批判で問題となるのは、「何を一番大切に考えるか?」

もし「グループリーグ突破」を一番大切と考えれば、今回の作戦は結果として正しかったため、擁護されるべきになる。

もし「日本サッカーの強さを世界に見せる」を一番に考えれば、今回の戦い方で「強い」と感じる人はいないため、批判されるべきになる。

もし「サッカー人気を上げたい」を一番と考えるなら、つまらない試合になったことを考慮すれば、批判されるべきになる。

もし「ワールドカップに出場することにより、日本人を含む世界の人すべてに希望を与える」を一番と考えれば、書くまでもなく批判されるべきになる。

これは一部に過ぎないが、どのように考えるかで擁護派と批判派は、いくらでも分かれてしまうのが現実となる。

まとめ

遅くなりましたが、個人的に考える一番の問題を指摘します。

それは「今回のように擁護派と批判派が、分かれてしまうような試合をしてしまったこと」

正直言って、擁護でも批判でもどちらでも良いのです。

「悪い意味で話題になってしまた」。この一点が最大の問題です。

昨日まで無条件で日本チームを応援した人でも、今日は気持ちが入らない人がいるだろう。

また日本チームを、ひいては日本人を「卑怯」と感じる人がいるでしょう。

せっかくプラスのイメージで試合が出来ていたのに、次からはマイナスのイメージも間違いなく背負って戦うことになる。

これほどの問題は、決勝トーナメント進出など霞んでしまうと考える。

「多くの人を不愉快な気持ちにさせた」という大問題こそ、もっとも指摘すべきこと。

ただ終わってしまったことは仕方がないので、次からの戦いに期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。