ロシアW杯・日本がポーランド戦で他力本願なつまらない試合をした件を考える

2018年6月28日午後11時より開始されたロシアW杯・日本対ポーランド戦、日本は負けているにも関わらず、最期の約15分ほどをパス回しに終止するつまらない戦いをした。

同時刻に行われていた同グループの、セネガル対コロンビアの試合状況から判断しての、他力本願狙いが理由になる。

元ネタはこちら

→(ZONE)観客もがっかり? 日本の“つまらない”パス回しに会場大ブーイング、終了前にゾロゾロ帰宅

→(Soccer)「世界的な茶番だ」“フェアプレー”でGL突破を決めた日本代表に英メディアが嘆き!【ロシアW杯】

今回はこの件について考えてみる。

感想と考察

今回の判断が難しいのは重々承知している。結果が良かったのだからOKという、考え方が出来るのも間違っていない。

しかしそれでも、「とても許せない」というのが本音だ。

ここからは個別に考えていく。

試合の状況確認

ここでは感情論を抜きにして、客観的に試合状況を確認していく。

6月28日午後11時、日本対ポーランド戦が開始される。同時刻にセネガル対コロンビア戦も開始されている。

日本が引き分け以上なら決勝トーナメントに無条件で進出。しかし負けた場合は、もう一方の試合結果によって左右されるため、注目される試合となっていた。

前半は0対0の引き分けで終了。ギリギリゴールされるのを回避した場面もあったが、全体的には日本が押し気味に進めているように感じていた。

またセネガル対コロンビア戦も0対0の引き分けで終了。日本が負けて、もう一方が引き分けなら、日本がグループリーグ敗退のため緊張感が継続される。

後半14分、突然試合が動き出す。ポーランドに先制点が生まれたのだ。この時点のまま試合が終わってしまうと、日本はグループリーグ敗退のため危機感が生まれる。

しかしここで状況が変わる自体が発生した。後半29分、もう一つの試合でコロンビアが先制ゴールを決めたのだ。この結果、得失点差で並んだ日本とセネガルはイエローカードの差という特殊ルールによって、日本が優位な状況に変わった。

ここで日本は、難しい選択を迫られた。

日本は負けている。そしてもう1点取られれば、グループリーグ敗退となる。しかしこのまま負けた状態で、セネガルが同点に追いついてしまうと日本は決勝トーナメントに出られない。

1点取って同点にし、自力で決勝トーナメントに進むか、それともこのまま負けてセネガルが追いつかないことを期待するという、他力本願を狙うかの選択を迫られたのだ。

その時に日本が選んだのは「他力本願」

しかし結果として選択は正解となり、決勝リーグ進出が決定した。

この選択は正しかったのか?

「この選択が正しかったのか?」と問われたら、「分からない」と答えます。

なぜなら立場によって答えが変わるからです。また客観的な視点と感情論的な視点でも変わります。

客観的な視点で見れば、決勝トーナメント進出を決めたのだから正しい選択となる。

感情論的な視点で見れば、他力本願のつまらない試合を見せられたので、間違った選択となる。

日本や選手を含む関係者とすれば、結果が良かったので正しい選択となる。

試合を見せられた観客とすれば、つまらない試合を見せられたとして間違った選択となる。

今回の件を「正しい」や「間違い」で考えてしまうと、おかしな方向に進んでしまう。

まとめ

個人的な結論だが、「結果が良ければ、方法は問わない」という考え方は、最終的な意味での良い結果を得ることは出来ない。

少し古い例だが、1992年の甲子園で行われた高校野球、元巨人軍の松井選手は星稜高校時代に5打席連続敬遠を受ける試合があった。
強打者である松井選手との対決を避けることにより、勝利を目指したのだ。
結果としては相手の明徳義塾高校が勝利し、方法は正しいことが証明された。

ここで問題にすべきは、明徳義塾と選手に悪いイメージがついたことだ。
実際、私が覚えているように多くの人が覚えているはず。たった1勝のために、大きな何かを失ってしまった。

今回の件でも決勝トーナメント進出が決まり、本来は浮かれてい良いはずなのに、このような記事が出ている。そして私自身もこのような記事を書いている。

今回の大会で日本が優勝したとしても、世界的にはどう見られるだろうか?

選手たちは胸を張って、これからの選手生活を続けることが出来るだろうか?

プロの世界だからこそ、自力での進出にこだわって欲しかった。甘いかも知れないが、「負けて良しの考え方は、試合をバカにしている」と考えている。

日本や選手たちに「マイナスの記憶」を埋め込んだ作戦を指示したことは、とてつもない失敗だと断定する。

「どうせ失敗するなら、チャレンジして失敗したい!」

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→ロシアW杯・日本対ポーランド戦で擁護派と批判派が共に勘違いしている問題を指摘する

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク