高梨沙羅選手が平昌オリンピックで銅メダルを取ったことについて考える

今回は高梨沙羅選手が平昌オリンピックで、銅メダルを取ったことについて考えていく。

ただしこれから書くことは高梨選手目線ではなく、世間が以下に適当で残酷かを書いていく。

興味がなければ、以降は読んでも無意味だろう。

元ネタはこちら

→「高梨沙羅、やっと届いた日本女子初の銅『涙止まらない』」へ

前回のソチオリンピックについて

まず前回のソチでは、それまでの勝率から「金メダル確実」とか、「最低でもメダルは
取れる」など、世間は盛り上がっていた。

「信じていた」と言う方が正しいかもしれない。

しかし結果は4位。

高梨選手本人にとって、残念な結果に終わった。

本来なら、本人だけの問題である。

しかし世間は違う。

そこから猛烈に色々なものが吹き上がってくる。

「大舞台に弱い」

「ここ一番の時に結果を残せない」

「みんなの期待を裏切った」

また同情的に、「4位でもりっぱ」なども合っただろうか。

コメントは記憶で書いているので、少し違うかもしれない。

しかし大きな流れとしては、こんな感じだっただろう。

日本代表である以上、世間が「厳しい目線」で見ることはいい。

しかしこのコメントは、「冷たい目線」である。

この「冷たい目線」では、選手が強くなることはない。

ソチの後

ソチオリンピックでは残念な結果に終わった高梨選手。

しかしその後の世界大会では勝ちまくっていった。

「オリンピックは何だったのか?」というぐらいの快進撃。

当然、世間は称賛一色になる。

そして問題となる変化が、この後に起こる。

それは高梨選手の化粧が話題になることだ。

またそこで称賛一色になる。

「キレイになった」「美人になった」など、これを良い変化と捉え、また快進撃の理由とする方向性であった。

しかし平昌オリンピックがある今シーズンになると、途端に勝てなくなる。

上位に強い2選手がおり、表彰台に上がれても1位は取れない期間が続く。

そうなると、先程とは真逆のことが発生する。

「化粧なんてチャラチャラしたことをしているから」

「海外の選手が頑張っている時にサボっているから」

など少し前まで誉めていたのに、非難一色なる。

化粧とチャラチャラは関係がない。

練習をサボっていたと、なぜ決めつける?

とにかく世間は結果だけを見て、都合のいいことを言い過ぎる。

以前にマラソンの高橋尚子選手も同様のことが起こった。

金メダルを取った後、あれほど勝手に騒いで選手を疲弊させた。

そして結果が出なくなったら、「調子に乗っている」と非難一色になる。

「自分たちにも責任があるとは考えないのだろうか?」

平昌オリンピックの結果

今回のオリンピックでは、シーズンの実力通り「銅メダル」を獲得。

前回とは違いメダルを取れたことで、高梨選手本人は「ホッ」としているだろう。

世間も全体的には称賛一色である。

しかしここで高梨選手本人について考えたい。

記事ではメダル確定後、「涙腺が崩壊した」とある。

しかしこの涙は、何に対してだろうか?

本人の目標は金メダルなのだから、銅メダルが100%嬉しいわけではないはず。

だから、「喜び」による涙ではない。

しかし、「くやしい」涙とも思えない。

勝手な想像では、「記憶」に対する涙だと考えている。

「世間の非難を受けなくてすむ結果を残せた」

もしこのような考えが少しでもあるなら、非常に残念なことだ。

また窪田順生さんの「愛国という名の亡国論」という本に次のフレーズがある。

 日本人はオリンピックが好きなのではなく、「世界一になった日本人」
が好きなのです。
「愛国」という名の亡国論 ―「日本人すごい」が日本をダメにする
窪田 順生
さくら舎 (2017-11-10)
売り上げランキング: 191,093

金メダルとは言わなくても、メダルを取った選手だけを賞賛する。

それは選手本人のためではなく、全ては自分達が気持ちよくなるため。

残念ながら4位以下の選手は無かったものとする。

テレビなどを見れば明らかだろう...

「世間は適当で、そして残酷だ」

まとめ

おそらく高梨選手は帰国後、いろいろなものに取り上げられるだろう。

それは本人の能力にとって、プラスになることはない。

むしろ時間を取られることにより、マイナス面の方が多い。

その結果、また結果が出なくなるかもしれない。

そしてまた、同じような非難が繰り返される...

世間は選手に強くなって欲しいのだろうか?

自分たちが気持ちよければ、選手など代わりがいると考えているだろうか?

口に出して言う人はいない。

しかし残念ながら行動は、自分勝手になっている。

「取り上げるな!」とは言わないが、ほどほどにして欲しい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク