福岡・セミナー講師が殺害されたのはネット上の恨みが原因だった件を考える

2018年6月24日午後8時ごろ、福岡市中央区にある旧大名小学校内の施設で、41歳のセミナー講師が刺殺された事件について、容疑者の動機が判明した。

容疑者はネット上での恨みから、ブログを書いた本人を狙ったと見られている。

元ネタはこちら

→(FNN)「ネットで恨み」IT講師殺害 男(42)はトイレで待ち伏せ

今回はこの件について考えていく。

この事件については、過去に別の記事を書いていますので興味がありましたら。

→(過去の記事)福岡・闇ウェブ専門家が刺殺された事件の報道を考える

スポンサーリンク

感想と考察

この事件を聞いた時、特定の人物を狙ったのか、それとも無差別なのか判断出来なかった。

もちろん前回の記事を書いた時でも、被害者が「Hagex」という名前でブログを書いていたのは知っていた。

そして内容も読んだが、日常の感想を書いているものに過ぎず、恨みを買うイメージは無かった。

そのため容疑者のコメントが、今一歩理解出来ない。朝日の記事より抜粋する。

「インターネット上で恨んでいたHagexという男を死なせてやろうと思った」

何らかの個人攻撃が遭ったのだろうか?

もしくは、単純に書いていることが気に入らなかったのだろうか?

その場合は完全な逆恨みであり、全く恐ろしいこどだ...

まとめ

容疑者についてだが、朝日の記事で次のように書いているので抜粋する。

「ネット上には犯行声明ともとれる書き込みがあり、警察は、ネット上でトラブルがあったとみて関連を含め、くわしく捜査する方針」

ここから容疑者もネットに精通している可能性が高い。

そこから直接的な面識ではなく、ネットだけでの何かによって犯行に及んだ可能性が高い。

とにかく同じブログを書いてる者として、非難や批判は書かないようにはしている。しかし結果として、自分の考えを書くことが、非難や批判に感じることもあるだろう。

今回のような件は滅多に起こるものではないが、自分も内容には注意したいものだ。

ただ事実や真実については、これからも追求していきたい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R