高槻・倒壊したブロック塀よりメンテンナンスの重要性を考える

2018年6月18日に起こった大阪北部の地震により倒壊したブロック塀について、2年前に検査してOKが出されていることが分かった。

しかし検査員は建築士の資格を持っていなかった。

元ネタはこちら

→(MBS)倒壊したブロック塀は無資格者が他の用事のついでに点検

今回はこの件よりメンテナンスの重要性を考えていく。

点検の経緯

まずこのブロック塀の経緯を記事よりまとめていきます。

校長は3年前に外部からブロック塀の危険を指摘されたため、市に調査を依頼していた。

市は2年前に調査を行い、「安全性に問題はない」との結果を出している。但し調査員は建築士の資格などを持っている訳ではなく、また簡易検査に留まっていた。

高槻市教委が言っている検査方法について、MBSの記事より抜粋する。
「(点検の)1つは目視、もうひとつは打診棒と言って、伸びる棒で叩いて、音の変化を確認する。浮きやひび割れ、傾きが確認されなかったので問題なしと判断した。(ブロック塀が)違法であるという認識は頭からなかった」

このような不備が明らかになるにつれ、「天災」ではなく「人災」と考えられている。

今回の問題点

今回の問題はいろいろあるが、一番大きな問題は「メンテナンスの重要性を理解していない」ことだと考えている。

「違法建築が問題では?」と言われるかもしれないが、もちろん違法建築は論外です。しかし今回の問題は、点検がおろそかだったことに注目したいと考えます。

今回の件に限らず、日本人の多くが次のように考えていないだろうか?

「作ったら終わり」

極端に言えば、今回の調査も定期点検も「余計な作業」と考えていたのでは?

そのため、「OKありき」の調査になっている。

今回の記事では、「無資格者が点検した」とか「他の用事のついでに簡単な点検をした」点ばかりをクローズアップしているが、個人的にはその点ばかりに注目すると違う方向に走ってしまうと考えている。

問題はそこでは無い。「その後が続かなかったことが問題だ!」

建築士の資格のある人がすぐ確保出来ない場合、とりあえず無資格者が確認し簡易点検することは悪いことではない。

ただその場合、調査結果を専門家に相談し、改めて時間を作って正式な調査をしなければいけない。

しかし今回の場合は、簡易検査で終わってしまった。

このように実際の見た目の行動ではなく、根本的な思想が間違っていることを指摘しないと、非難や批判ばかりのその場限りのものになってしまう。

まとめ

このようなことは役所や企業ばかりでなく、個人レベルでも一緒である。

例えば、車の車検などが分かりやすい。

本来「車検」とは、今後2年間を安全に運転するために実施するものである。しかし現在では「車検に通るための検査」をしていないだろうか?

そのため「安さ」ばかりが、よく比較対象にされている。

また購入による一軒家やマンションなども分かりやすい。

よく持ち家と賃貸の価格比較をする場合、最初のローンばかりを問題にし、その後に訪れるメンテナンス費用をあまり考慮していないように感じている。

そのため現在、タワーマンションのメンテンナンス費用が問題になっている。

少し話がそれてしまったが、今回のブロック塀にしても「初期コスト」ばかりに目が行ってしまったのではないだろうか?

他にも方法があったとしても、「安い工法」や「安い業者」にまかせてしまったのでは無いだろうか?

そればかりが悪いとは言えないが、問題になるのはこのような場合が多いのも事実です。

まず作る時には、今後のメンテナンス費用なども考慮が必要なこと。

作った後も、それが大丈夫かを常に意識しないといけないこと。

同じような事故が二度と起きないために、このような意識改革が始まることを期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク