アマゾン輸入失敗の記録

世間にはいろいろな副業がある。

その中でもアマゾンを利用した物販に関するものは多い。

実店舗を持ちながらネット販売にアマゾンを利用したり、個人では新品及び中古を問わず
「せどり」などが盛んだ。

私もその流れを受けて挑戦することにした。

そして残念ながらタイトル通り失敗し、一部を残して大幅に縮小しているのが現実です。

今後挑戦する人も多いと思いますので、ここでは「なぜ失敗した?」かを報告して
いきたいと思います。

ちなみに、私個人が失敗して現在中止しているのは、「アマゾン輸入」の分野です。

もう一つの中古本のせどりは、多くの失敗はあるが、現在は順調のためここでは取り上げないものとする。

まず、アマゾン輸入とはどのようなものであるか、知らない人のために簡単に説明して
おきます。

概略を言えば、その名の通り「海外より安い品物を輸入」

その後、日本のアマゾンに出品し、仕入れ値より高い値段で売ることにより差額を収入と
することです。

輸入とはいえ、私はアメリカのアマゾンからの輸入が主でしたので、最初の手続きさえ
クリアー出来れば、それほど難しくはなかったです。

ただ、あくまで輸入及び販売するだけならです...

そして少し話は戻りますが、このページにたどり着いた方なら「アマゾン輸入、儲かる」
や「アマゾン輸入、儲からない」などのキーワードで色々と調べていることと思います。

その結果、どちらもそれらしく書いているため、「どちらが正しいの?」となっているのではないでしょうか?

単純に私の結論を話せば、「どちらも正しい」が正解です。

もちろん、成功してかなりの収入を得ている人はいます。

しかし逆に、多くの赤字を出すことにより撤退している人がいるのも事実です。

そして、それぞれの人が自分の結果に合わせて書いているのですから、どちらも現実と
いうことです。

それなら、「アマゾン輸入は簡単or難しい?」という問いが出てきます。

それに対しては、「販売自体は簡単、結果を出すのは難しい」というのが私の結論です。

しかし、それはあらゆる業種で同じです。

アイドルや漫画家、レストランの経営者などで成功するのは難しいですが、その手前の
目指すまでは誰でも出来ます。

要は、才能と時期と運というところでしょうか。

と、ここまでは一般的な考え方だけを書きましたが、具体的なことはこれからになります。

次に私が実際に行った流れを書いていきます。

  1. アメリカアマゾンで商品を購入。
  2. アマゾンより転送業者に随時納入。
  3. ある程度、商品がまとまった後、転送業者より日本へ発送。
  4. 商品は日本にある、アマゾンへの納品代行業者で受け入れ。
  5. 納品代行業者がアマゾンでの販売用に、梱包及びラベル貼りの後、アマゾン倉庫へ発送。
  6. 個人的にすることは、アマゾンの管理画面に商品の入力や価格の調整などです。

このように、商品を一度も手に取る必要がないため、自宅にスペースは必要なく、配送の
受け渡しなどもないため非常に便利である。

そのため、「サラリーマンの副業でもOK」などが言われています。

と書けば簡単なのですが、残念ながら私個人にはトラブルが多発しました。

ここからは個別のことを書いていきます。

スポンサーリンク
wp_336x280R

アメリカアマゾンでの購入

ここからは個別のことを書いていきます。

まずアメリカ側で行う作業として、購入と転送業者について取り上げます。

購入はアメリカアマゾンのみで考えます。

購入自体に問題は少ない。

出来るだけアマゾン本体から購入、あとは評価の高いところから選んでいけば、後は
イレギュラーのみ気をつけるだけ。

ただ根本的な問題だが、差額のある商品を見つけることは非常に時間がかかります。

細かい方法は省きますが、アメリカと日本のアマゾンサイトを見比べて調べても、なかなか
見つかりません。

またはツールがありますが、ほとんどが有料であり、最初から使うのは気後れするでしょう。

そのため、少ない種類から利益を挙げたいと考えて、同じ種類の商品を多数仕入れたく
なります。

「これ厳禁です!!」

商品が売れるかどうかの問題もありますが、箱がボロボロだったり、最悪箱がない状態で
届いて傷だらけということもありました。

状況を確認する意味でも、最初は必ず1ケずつがおすすめです。

いろいろ書きましたが、ここまでは手間だけの問題になります。

MyUSによる転送作業

次に転送業者について考えていきます。

いろいろな業者がありますので、どれが一番かは判断出来ないのですが、取り敢えず一番安いと言われていて、私自身も利用した「MyUS」について書いていきます。

正直、値段が安いと言われていますが、本当に安いのか疑問があります。

以前は重量だけが料金に影響していたらしいですが、現在では重量と体積の内、金額が
高くなる方を採用しています。

そのためレゴなどのように、軽いけど大きい商品の発送料は非常に高くなります。

ただ料金の問題は商品の差額を確保すれば解決できます。

一番問題なのは発送自体です。

私は「MyUS」で「DHL」を利用して発送をしていました。

そして届いたダンボールを開けますと、ほとんど毎回ボーゼンとしていました。

個別商品の箱が潰れている、もしくは穴が開いているのはよく見る状態です。

またはどこでしているかは不明なのですが、箱が開封されているものも多数あるのが
現状です。(個人的な感覚では全商品の3割ぐらいが開封されている)

しかもその開封が「雑」

購入者が適当に開けたみたいであり、後処理もしていないことが多い。

袋に入っているものなら、開封していて中身が出ていることもあった。

水筒は裸で緩衝材なしの状態で、傷だらけの時もあった。

ボールペンのプラスチックケースも裸の状態で、傷だらけもしくは割れていた。

3ケ購入して3ケともその状態でした。

この様な商品は、もう新品で販売することはできません。

全て赤字覚悟での中古販売になりました。

最初に書き忘れていまいたが、本来は日本の納品業者に届くため、この状態は確認
できません。

私は最後の方には納品業者を使用せずに、自宅へ直送してもらったためこのような状況を
正確に把握することができました。

言い方を変えれば、このような状態で納品業者に届くと、新品にするのか中古にするのか
判断できません。

それを一つ一つ写真などを利用して業者と打ち合わせするのは、かなり手間のかかる
作業です。

ここまで書いてきて、イヤになってきました。

まだ新品の商品を購入して送ってもらっただけで、これだけの問題があります。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク