北九州市・4歳男児がテレビ台の中で死亡した件で父親が逮捕された報道を考える

2018年5月11日、北九州市小倉区で4歳の男児が、テレビ台の中で亡くなるという出来事が発生した。

当初は事故と考えられていたが、6月18日に父親が暴行殺人の疑いで逮捕された。

元ネタはこちら

→(西日本)テレビ台に押し込まれ4歳男児死亡 殺人容疑で父親逮捕…母親は別の女児を虐待か 福岡県北九州市

今回はこの件における報道について考えていく。

ここに書いていくのは独自の調査をしているのではなく、あくまで記事から考えたことや、感じたことになる。

この問題については、過去に別の記事を書いていますので興味がありましたら。

→(過去の記事)北九州で4歳の子供がテレビ台の中に入って窒息した事故について考える

感想と考察

この出来事について当初は事故と考えられていたが、父親が逮捕されるというショッキングな展開になりました。

ただ以前に書いた記事より、「テレビ台の収納部分に入っている」という状況が不自然なため、子供が自発的にした事故という結論を疑問視していたのも事実です。

そのため「まさか!」というよりも、「嫌な予想が当たった」という気分です。

ここからは事件をもう少し確認していく。

事件の状況

前回書いている記事より抜粋すると、次の時系列で父親は証言していた。

前日10日午後9時ごろ、父親は子供を寝させる。同じ部屋には、別の家族も一緒にいた。
子供が寝た後?、自分の意志で動き出し、引き出しに入る。
そして狭い空間?に入っていたことにより、窒息死してしまう。
翌日11日6時20分ごろ、父親が子供が息をしていない状態で発見する。

時間的な経過はこの通りかもしれないが、「父親自身が子供を収納部に押し込む」と言うことを隠していた点が悪質となる。

またこれとは別に西日本の記事によると、妻は2歳の娘にも高温の液体をかけてやけどを負わせたという、トンデモナイことをしている。

両親そろって虐待なんて、救いようがない...

まとめ

改めて可能性は指摘していたが、実際に判明すると気分の悪くなる事件です。

4歳の息子だけでも怒りを感じるのに、その妻は2歳の娘も虐待している。

これは事件当初から把握していたことだろうか?

今回初めてその状況を記事により確認したので、この点は驚いている。

小さい子だからやんちゃで生意気に感じることもあるだろうが、それを上回るぐらい可愛くて仕方がないのが普通だ。

まったく「なぜ、こんなことをする!!」と感じて、怒りが収まらない。

また両親がこの状態になると、2歳の娘は今後どのようになるのだろうか?

両親には一切の同情心は起こらないが、娘には何の責任もない。

出来れば、幸せな未来が訪れることを願っている。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク