大阪府周り地震に伴い小学生の9歳女児がプールの壁に挟まれた事故について

2018年6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を中心とした震度6弱の地震が発生したことに伴い、高槻市立寿栄小学校の女児(9)が、プールの壁に挟まれて心肺停止状態になっている。

元ネタはこちら

→(産経)高槻市で女児1人が心肺停止 プールの壁に挟まれる

今回はこの状況について確認していく。

この地震の状況については、過去に別の記事を書いていますので興味がありましたら。

→(過去の記事)【速報】大阪府周りで発生した地震について高槻市の状況報告

スポンサーリンク

感想と考察

最初にこの情報を聞いた時、状況がよく分からなかった。

「プールの壁に挟まれる」という状況が、まったくイメージ出来なかったためだ。

その後、この記事とは別にテレビでニュースを見ていたのだが、それではっきり分かった。

写真が無いので、文章での説明とする。

プールと学校の外を分ける壁を、コンクリート(ブロック?)で作っていた。

その壁の上半分が真っ二つに折れるような形で、通学路の方に倒れている。

倒れた範囲は目測だが、高さ約2メートル、幅約30メートルぐらいの広範囲に渡っている。

いきなり倒れてきたら、とても避けることは出来ない...

まとめ

一番問題なのは壁の強度が不足していたことだが、この壁はカラフルな絵を描いている。

そのため楽しい雰囲気を出しているのに、こんな悲劇になってしまった。

ただこれを書いている時は、あくまで「心肺停止」のため、病院での治療が上手くいくことを願っています。

そして今現在、消防車のサイレンが聞こえて来ました。

まだまだ不安が続いている状況です。

今後も地震の状況確認を続けていきます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→高槻・小学校のブロック塀が倒れた件に見る今後の対策を考える

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R