「米朝首脳会談の結果は北朝鮮の勝ちなのか?」について考える

2018年6月12日に行われた米朝首脳会談。

その結果、米韓合同軍事演習が中止になるなどが決まったため、アメリカ国内を含め、今回の会談の成否について疑問視されている。

今回はこの件について考えていく。

感想と考察

今回の会談結果による日朝首脳会議については、以前に別記事を書いていますので興味がありましたら。

→(以前の記事)日朝会談が本格調整に入ったけど何か違和感があるので考えてみる

今回の合意内容について

今回の合意内容について、ここでは細かいことを書かないが、「具体的なことが決まらなかった」として、全体的に評価が低くなっています。

「しかし本当にそうでしょうか?」

今回の会談は国として行う初めての会談であり、まだお互いに手探り状態です。

そんな状態で全てこちらの都合通り、動くと考えている方がおかしい。

今回は「直接会談し、ある程度の合意を行った」だけで、十分評価してよい。

北朝鮮の目標と目的とは?

多くの人が北朝鮮側の外交手腕を高く評価するコメントをしているが、果たして本当だろうかか?

少し感覚的なことを優先して、本質も見逃しているように感じている。

ここでは北朝鮮が考える、目標と目的について考えてみる。

ここに書くのは個人的な意見に過ぎないが、北朝鮮の目的は「経済援助」だと考えている。

そのための手段や目標として、これまでは「軍事力の強化と恫喝」を行ってきた。

しかしそれによる効果がアメリカにも日本にも通用せず、経済封鎖などにより国内状況がピンチになってきている。

そのため譲歩して会談を行ったと考えている。

そしてここで肝心な点だが、北朝鮮は目的となる「経済援助」を受けたでしょうか?

また具体的な経済封鎖も解かれていない。せいぜい軍事演習が無くなっただけ。

結局北朝鮮は、「最悪の先延ばし」に成功したに過ぎず、これで成功とはとても言えない。

アメリカの目標と目的について

次にアメリカの目標と目的を考えてみます。

アメリカにとっての目的とは、「平和」だと考えています。

そのための手段や目標として「核兵器の廃棄」を求めたに過ぎない。

もしかすると日本や韓国の平和すら、選択肢の一つに過ぎないのでは無いか?

またアメリカにとって、北朝鮮の市場は魅力的ではないだろう。

そして具体的ではない合意とはいえ、合意には違いない。

北朝鮮側が合意に違反すれば、アメリカとしては複数の選択肢を得ることが出来る。

今回のアメリカとしての会談は少し雑に見えるが、及第点は取っている。

まとめ

今回の会談は双方にとって顔見世に過ぎず、今のところは「引き分け」と考えている。

そして次に行動を起こさないと行けないのは、北朝鮮側になる。

正直アメリカ側としては、北朝鮮が静かにしているなら経済封鎖を継続して、放置するだけで十分である。

経済封鎖の解除や、次のステップに向けての提案は、北朝鮮側から行わないと何も進まない。

しかも米韓軍事演習をしないことで、さらにプレッシャーをかけているとも言える。

今回の会談の見方を変えれば、「せっかく会談の席についたのに、北朝鮮側として具体的な項目を何も得ることが出来なかった」となる。

ここから「北朝鮮が会談で勝利した」とは、とても言えない。

ただ問題は日本側すけどね。何も得ることが出来なかった北朝鮮が、日本に対してどのような要求をしてくるかで、いろいろなことが見えて来るでしょう。

マスコミや世間が無用なプレッシャーをかけて、政府が先走らなければいいけれど...

今後も継続して注目していきます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク