アニメ「りゅうおうのおしごと!」が予想外に面白い

2018年冬アニメとして「りゅうおうのおしごと!」の放送が始まった。

今、盛り上がっている将棋を題材にしているが、絵柄は萌えアニメ風。

正直、期待していなかったが見てみたら、予想外?に面白い。

子供はもちろん、年齢層高めでもおすすめなので紹介していく。

↓アニメ公式ホームページはこちらより

1話ストーリー「押しかけ弟子」

場所は竜王戦対局場。

16歳の少年九頭竜八一は、将棋界の最高峰タイトル「竜王」の座をかけて、対局を
行っていた。

「この対局に勝てば竜王になれる!」

そして、「後1手で勝てる」ところまで相手を追い込んでいた。

しかしその余りのプレッシャーから、その1手指せずにいた。

一度席を外し休憩したが、その戻って来る途中に倒れてしまう。

そんな時、一人の少女が目の前に立っていた。

「あの、お水です」

その水を飲んで落ち着いた八一。

とうとう「竜王」のタイトルを奪取した。

しかしそのプレッシャーから開放されたのも束の間、リズムを崩してしまい11連敗という、
不名誉な状態を続けていた。

そして本日も将棋会館に出向いていたが、復活の気配も見えない。

失意を抱えたまま一人暮らしの家に戻ってきた。

「ただいま~、なんて誰もいないけどな~」

と一人つぶやく八一。

しかし暗い玄関に入ったところ、目の前に一人の少女が...

「おかえりなさいませ、お師匠さま」

「約束通り、弟子にしてもらいに来ました」

カミカミながら、必死で訴える少女。

約束を思い出せない八一。

そして少女は経緯を話始める。

名前は雛鶴あい。

竜王戦の対局場になった旅館の一人娘。

対局の時、水を渡してくれた少女だった。

八一はその時、約束したのだった。

「竜王になったら、何でも言うこと聞いてあげるよ」

懇願する、あい。

そんな熱意に対して八一は話した。

「わかった、約束は守る。でもまず、君の力を試験させてもらう」

あいは小学校3年生の9歳。

今のところ弟子を取るつもりのない八一。

一局指したら、諦めてもらうつもりだった。

対局を進めていき、一気に勝負を決めに行く八一。

それは少し無理のある指し手だった。

そんな時、あいは今後の読みに入る。

そして差した一手は!

「守らずに攻めてきた、俺の無理攻めに気づいたのか!」

それは八一を驚かす一手だった。

本気になる八一。

そして結果は...あいの敗北に終わる。

試合後、興奮する八一。それは竜王をして楽しい対局だった。

そして、あいの将棋歴を聞いて、さらに驚くことになる。

「わたし先生の竜王戦を見て、すごいって思って、それで将棋を始めたんです」

あいは将棋を初めて3ヶ月ぐらいだった。

驚く八一。そして提案した。

「もう一局指そうか」

そして、将棋を指し続ける二人。

それは弟子入りを認めたも同じことだった...

感想

これを書いている時点で3話までが終わっている。

初めに書いておくが、このアニメが本格的な将棋話かというと、そうとは言い切れない。

指し手(棋譜)自体を取り上げて、解説するような場面は少ない。

しかしそれ以外の、将棋に関する心理戦や熱気は十分感じる。

言い換えれば、将棋の難しい部分を意識的に外して、分かりやすく仕上げている入門的な
ストーリーと言える。

またその他のキャラクターも魅力的。

八一の姉弟子であり、女流二冠の中学生、空銀子(そらぎんこ)

八一の師匠の娘であり、女流棋士に挑戦中の清滝桂香(きよたきけいか)

あいの将棋仲間になる小学生3人組。

八一以外は女の子が多いのはラノベ系のお約束?

そのため「萌系」要素は確かにある。

しかし3話の「研修会試験」などは見どころ満載。

研修会試験に挑む、あい。

それは負ければ、親元に帰らないといけない勝負になる。

心理的な戦い、熱戦、そして最後にホロリとする展開。

けっして子供やオタクだけのアニメではない。

将棋好きはもちろん、将棋に興味のある方には間違いなくおすすめです。

↓アマゾン以外のVODでも使用できるものが多数あります。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

posted with amazlet at 18.04.14
Amazon (2017-04-06)
売り上げランキング: 1

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→アニメインデックス

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R