シャーロック・ホームズの名言や推理の考え方まとめました

シャーロック・ホームズの冒険

ボヘミアの醜聞

観察

「そりゃそうだろうさ。きみはたしかに見てはいる。だが観察はしない。見るのと観察するのとでは、大ちがいなんだ」

ワトソンに対して、自分との違いを話すホームズ。

例えば、すずめは誰でも知っているが、すずめの外見的特徴を話せる人は少ない。

これと同じこと。

データ

「まだデータがそろっていない。判断の根拠となるデータもなしに、やみくもに理論を立てるのは、愚の骨頂だよ。それをやると、事実にそって理論を立てるのではなく、つい事実のほうを理論に合わせてねじまげるようになる」

似たようなことを前にも話しているが、改めてワトスンに話すホームズ。

犯人を決めた後、事実を探すのはよく見かけることですね。

美女

「このときちらっと目にはいっただけだが、たしかにきれいな女だったよ──あれならば男が焦がれ死にしても無理はない、そんな美貌だった」

今回のターゲットとなる美女、アイリーン・アドラーを見たホームズの感想になる。

ホームズが外見を褒めるのは珍しい。

比較

「たしかに、ぼくの見たかぎりでも、陛下とあの女性とでは、”月とすっぽん”とお見受けいたします」

今回の依頼人はアイリーン・アドラーと自分が、釣り合わないことを残念がっていた。

もちろん自分が上と考えてホームズに同意を求めたが、ホームズはどちらを上と考えたか?

写真

「いや、これよりもぼくにとって、もっと価値のあるものを陛下はお持ちです。この写真です」

捜査についてはアイリーン・アドラーに、してやられたホームズ。

くやしがるどころか、報酬としてアイリーンの写真を要求する。

そして以後アイリーンのみ、「あの女性」なる敬称をつけるのだった。

赤毛組合

主張

「しかしだ、それでもきみは、結局ぼくの主張に同調せざるを得ないのさ。さもないと、ぼくがきみの前に事実をつぎからつぎへと積みあげて、ついにはその重みできみの論理を破綻させ、こっちが正しいと認めさせることになるからだよ」

ある発言に反論したワトスンに対して、ホームズが語ったこと。

ホームズに理論武装で攻撃されたら、するまえから勝てる気がしない...

説明

「近ごろぼくは、なまじ説明なんかするのはまちがってるって、そうさとりだしたところなんだ。諺にも言うじゃないか──”なべて未知なるものこそ偉大なれ”って。なのにぼくはばか正直が過ぎて、おかげでせっかくのささやかな評判も、いずれうたかたの露と消えることになるだろう」

依頼人に対して外見的推理を披露したところ、依頼人は説明を求めてきた。

気軽に話したホームズだが、あまりにも簡単なことだったので相手は落胆してしまう。

それに対するホームズだったが、今後も同じことが繰り返されることになる...

特徴

「一般論として言えば、見かけが奇っ怪な事件に見えれば見えるほど、本質的には単純なものなんだ。ほんとうに不可解な謎は、ありふれた、なんの特徴もない事件のなかにこそあるんだよ──ちょうど、平凡な顔だちほど見分けがつけにくいようにね」

持ち込まれた謎めいた事件に対する、見解を話すホームズ。

似たような意味の言葉は多いが、まったく同じではないため今後も取り上げていきます。

ロンドン

「ここの建物の配置だが、これをよく覚えておこう。ロンドンという街について、正確な知識を持っておくというのが、ぼくの趣味のひとつなのさ」

探偵という仕事上、土地勘を大切に考えるホームズ。それは趣味、それとも仕事?

賭け

「まあ見ておいでなさい。今夜のあなたは、いまだかって経験したことのない、大きな賭けをすることになりますから。しかもこの勝負は、ブリッジなどよりもはるかにエキサイティングなゲームになる」

警察と協力して、ある捕物をこれから始めようとするホームズ。

警官に対して、ちょっと大げさな表現で説明している。

退屈

「まあ退屈しのぎにはなったがね。おやおや、その退屈が早くもぶりかえしてきたぞ! 思うにぼくの一生というものは、平々凡々たる生きかたからのがれようとする闘いの、そのはてしなき連続じゃないのかな。その闘いでぼくを助けてくれるのが、こうしたささやかな事件なのさ」

事件解決後、ワトスンに退屈が嫌いなことを話すホームズ。

被害者が聞けば怒りそうですね...

花婿の正体

人生

「人生というのは、およそひとの心が思いつけるようなどんなものよりも、はるかに不思議なものだね。実際には日常のごくありふれた事柄でしかないものにも、われわれの想像ではとても追いつかない部分がある」

ふいにホームズがワトスンに語ったことになる。

いろいろな事件に関わり、人より多くの不思議を体験しているホームズでも、知らないことの方が圧倒的に多いですからね。

仕事

「いや、ご心配なく。物事を知るというのがぼくの仕事ですから。たぶん、ほかのだれもが見落とすようなことでも、仔細に見てとるという訓練ができているんでしょう。でなければ、あなただって、わざわざぼくの助言をもとめにいらしたりはしないはずです」

依頼人の女性に対して、得意の外見的推理を指摘するホームズ。

いつもの「つかみ」ですね。

気づき

「見えなかったんじゃなくて、気づかなかったんだよ、ワトスン。どこを見るべきかを知らないから、大事なところをみんな見落としてしまう」

依頼人の観察に対して、ワトスンにホームズが語ったこと。

見えていても自分に興味が無ければ、見えていないと一緒ですからね。

逮捕

「じつに見え透いた犯罪だったし、しかも言うに事欠いて、そんな単純な事件がこのぼくには解決できっこない、とは、ずいぶんなご挨拶じゃないか。さあ、いいかげんに観念して、そこにすわりたまえ。ゆっくりその点について話しあうとしようか」

事務所に訪れた犯人を、電光石火で捕えたホームズ。

相手の迂闊さに、むしろ怒り気味のホームズだった。

法律

「法律ではそういうきみをどうすることもできない。しかし、重罰にあたいするといえば、きみほどそれにふさわしい人間もあるまい。かりにあの娘さんに男の兄弟か友人でもいれば、そのきみの背中に思いきり鞭打ちを食らわせて然るべきところさ。まったくいまいましい!」

犯人は捕えたが、法律的に裁くことが困難なことを知っているホームズ。

しかし女性を傷つけたとして、騎士道精神を発揮し、鞭打ちを実際にしようとする。

報告

「かりに話したところで信じないだろうね。ペルシアの古い諺にもあるとおりさ──”虎子を得んとするものに災いあり、女より幻想を奪わんとするものにも災いあり”って。ハーフィズの言葉には、ホラティウスのそれにも劣らぬ含蓄があるし、おまけにこの詩人は世間をよく知っているよ」

依頼人には結論を話さないと決めたホームズ。

話すことによる問題より、話さないことの問題の方が小さいと判断したのですね。

ボスコム谷の惨劇

ワトスン

「やあワトスン、ありがたい、よくきてくれた。心から信頼できる友人がそばにいてくれるかどうかで、ぼくの気持ちには天と地ほどのひらきが出てくる。現地の警察だって、てんで役に立たないか、先入観に目が曇らされてるかのどっちかだしね」

ボスコム谷での調査が発生した時、ワトスンが来てくれると知ったホームズが話したこと。

いろいろ言っているが、やっぱり頼りになるのはワトスンになる。

状況証拠

「ところが、その状況証拠なるものこそ曲者なのさ。それはひとつところをまっすぐ指し示しているかに見える。しかるに、視点をほんのすこしずらしてみると、そのおなじ証拠が、まったくおなじ揺るぎのなさで、それとは正反対のなにかを指し示しているとわかるんだ」

明らかな状況に納得するワトスンに対して、ホームズが反論したことになる。

小説の定番ですが、現実ではどうですかね?

迷い

「ねえ、ワトスン、ちょっとその椅子にすわって、しばらくぼくの話を聞いてくれないか。どうしたらいいものか、いささか迷っているんだが、きみのアドバイスは、とても参考になるからね。まあ葉巻でもやりながら、聞いていてくれたまえ」

事件の目星は付けたが、犯罪と犯人をどう扱えばいいか悩んでいるホームズ。

ワトスンは常識人であり、また聞く能力も優れているので、自分の頭をまとめるには最適の人物ですね。

裁き

「結構です。ですが、あなたを裁くのはぼくの役目ではありません」

犯人を特定し、相手から自白も受けたが、警察には連絡しなかったホームズ。

悪を憎むホームズだが、自分の正義と法律を天秤にかけた時、正義を優先することもある。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク