教育の無償化では何も解決しない件を考える

最近の日本を見ていると、「これからの日本に大切なのは教育」という流れを感じる。

低所得者層にも「教育無償化」などにより高い教育の道を作り、底上げを図る考え方だ。

確かに「教育は大切だ」、という点は間違いのない事実です。

しかし例えば大学までを無償化すれば、物事は解決するでしょうか?

個人的には「絶対に解決しない」と考えている。

理由は簡単。「今の大学に価値は少ない」と考えているからです。

例えば自分に近い人を見て欲しいのですが、「大学に行ったことでレベルアップした人」がどれぐらいいるでしょうか?

有名大学で価値のある研究をしたり、教授の指導を受けている人はいるでしょう。

しかしそんな人は、どれぐらいの比率でしょうか?

結局大学に行くなんて、企業に就職するためのステップでしか無いのでは?

そこから導き出されるのは、「企業に就職する」という固定観念ではないだろうか?

大学に行っていない私が言うのもなんだが、大学とは次のように考えている。

「就職の時、名前を使う以外に価値はない」

ではどのようにすればいいのか?

学校などの既定の教育を出なくても、能力を発揮できる環境を作ること。

例えば企業の立場で考えた時、本当に必要なのは大卒の人だろうか?

特にIT企業にとって大卒かどうかなんて、何の意味もない。

極端に言えば、コンピュータの感覚に強い中卒の天才を引っ張ってきたほうが、よほど戦力になることは間違いない。

そんな人もみんなと同じ学校に行くより、より専門分野で力を発揮するのが好ましいだろう。

「若い内から働くのは良くない」と考える人もいるかもしれない。

しかし学校に行きたくない人は多いのでは無いだろうか?

学校に行かなくても自分の道を作れるなら、そうしたいと考えている人も多いのでは?

現代では「大学を出て当たり前」、「最低でも高卒」的な感じになっていないか?

しかし大卒にしろ高卒にしろ、学校を出ただけであって、優秀とは限らない。

大切なのは学校で「何を学ぶか」であり、「学校を卒業する」ことに意味はない。

もちろん最先端の研究や医療、または法律などは学校での専門知識が必要になる。

しかしそれ以外の技術職や営業職なら、学校よりも社会で学んだほうが役に立つ。

本当に企業を救う人材とは、変な色に染まっていない人物を、企業自体が教育することでは無いだろうか?

特に小さな企業ならそれが可能になる。

そのようなマッチングが出来る社会こそ、教育の無償化などより必要ではないだろうか?

ただこんなことを書くと「格差を広げる」などの意見が出てきそうだ。

しかしハッキリ書いておくが、「格差は無くなりません」

格差なんて当たり前であり、必要なのは努力が報われること。

その努力は何も学校での勉強である必要はない。

しかしそれは昔の徒弟制度のように、厳しいものになるかもしれない。

しかし若い時のその苦労は、大きな意味で報われることだろう。

最近話題の「高プロ」やサービス残業により、「奴隷制度」みたいな表現をする人もいる。

しかし「奴隷」とは選択出来ない立場の人であり、長時間労働と奴隷はイコールではない。

長時間労働を良しとするなら働き、不可とするなら働かない。

そのような選択をすることが大切であり、また選択できる実力も大切になる。

能力も影響力も無い人の意見など、誰も聞かないのです。

労働時間ばかり問題になっているが、もう少し違う点にも目を向けていきたい。

何より自営業になれば労働時間など、あって無いようなもの。

会社員の「長時間勤務による過労死問題」も、他に転職する自信のなさが生み出していると考えている。

やっぱり最後に必要になるのは、自分自身の実力です。

それがなければ、意見を言うのも困難になります。

「自分が抜けると知らないですよ!」と言えて初めて、企業と対等に話が出来る。

それは大学を出ても手に入れることは困難である。

大学に価値を感じている人は否定しない。

しかしそうでない人の道を学校以外で作ることこそ、「教育無償化」以上に必要なこと。

そして苦労を重ねた若い人が、新たに独立する道が出来れば理想的となる。

最後に改めて書いておく。

「大学から企業に就職」という当たり前の流れを、断ち切らないといけない。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク