指のひび割れ対策には指サックが効果的

今回は指のひび割れに悩む管理人が、簡単に改善できた方法を紹介していきます。

結論を先に書きますと、タイトル通り「指サックを付けるだけでOK」

これから、実際に使った製品と具体的な方法を書いていきます。

現状の把握

まず指のひび割れと言いましても、色々なパターンがあります。

私は医学的な知識はないので、細かいことは分かりません。

そして多くの方も知りたいのは、症状の種類ではなく、とにかく治る方法だと思います。

私もハンドクリームやひび割れの薬を塗ったりしていますが、手を洗ったらすぐ落ちるし、
効果が落ちてくるとすぐ皮膚が固くなって、気づいたら、「パキッ」を繰り返す状況でした。

ここから考えられるのは、「とにかく皮膚が固くなったらダメ」になる。

例えば、お風呂上がりなどは指のひび割れが気にならない。

指が温まり、皮膚が柔らかくなり、「あれ、治ったかな?」と思うぐらい。

そしてハンドクリームを塗って安心しても、油断していたらすぐ「パキッ」となる...

そこから、いかに指を温めて皮膚を柔らかくするかを考えた。

実際に行った方法

最初に指のひび割れになる一番多い理由は、食器洗いではないだろうか?

そのため指のひび割れは、一人暮らしの人か女性に圧倒的に多い。

その対策としてゴム手袋を付けても、これが意外と上手くいかない。

私自身の経験としても、次の理由で止めてしまうことが多い。

1)すぐ汚れる。しかも一度付いた汚れは簡単には落ちない。

2)使い続けると内部が不衛生。なんとなく痒くなる。

3)食器を洗う時、付けてない時に比べると動きが悪くなる。

4)洗って干しておくと邪魔、もしくは見苦しい。

他にもありますが、「やっぱり使いたくない」という感じになる。

「そこから逆の発想をしてみた!」

手洗いや食器洗いの時は素手で行う。

それ以外の時(就寝時含む)は「指サック」を付けて保湿する。

これにより外気に触れなければ、指の温度を利用して勝手に保湿してくれる。

イメージとしては、「いつも風呂上がり状態」

ハンドクリームやひび割れ用塗り薬の効果も持続する。

そしていつも保湿状態だと、治りが早いと感じました。

ただ紙めくり用の指先だけ、しかも隙間だらけのものでは効果が薄いでしょう。

そこで私が実際に使ったものを紹介します。

使用した指サックの紹介

ここで高級な指サックを紹介したら、引いてしまうと思います。

その点は心配無用。

使用したのはこれ。

100均のダイソーで売っている「指保護サック」です。

ここで写しているのは「Mサイズ」ですが他にもありますので、自分に合ったものを使用
出来ます。

薄型であり指にフィットしますので、保湿効果は抜群です。

数も多く経済的。

使い捨てでもいいですが、丁寧に使えば複数回使えます。

衛生面を考えて、私は1日1回は洗剤で洗っています。

まとめ

個人的な結果としては、3日ぐらいで皮膚が柔らかい感じになりました。

そのため、今は指サックを使わなくても快適です。

ただ徐々に皮膚が固くなりかけてきたので、再び指サックを使う予定にしています。

あくまで個人的な方法ですし、医学的な根拠はありません。

しかし実際に効果がありましたので、現在悩んでいる人にはおすすめします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク