「1分で話せ」の解説及び感想

ヤフー株式会社yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんが書かれた「1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術」

購入前に何が書かれているかを知るため、第1章までを解説及び感想を書いていきます。

序章 そもそも「伝える」ために考えておくこと

「人はあなたの話の80%は聞いていない」

皆さんの多くが誤解をしているのは、「自分が伝えたいことを話せば、人は話を聞いてくれる」ということです。

初めに「なぜ人は聞かないのか?」という現実を説明している。

実際に経験している人も多いですよね。

「1分」で話す

私が思うに、「1分でまとまらない話は、結局何時間かけて話しても伝わらない」
逆にいえば、「どんな話しでも『1分』で伝えることができる」ということです。

いくら話しても初めに先程書いているように、相手はほとんど聞いていないのだから、目的だけを的確に話すことを提案している。

部下の話しなどで、要点を得ない長い話の経験がある人も多いのでは?

「右脳」と「左脳」に働きかける

情熱だけでは人は動きませんが、ロジックだけでも人は動きません。
マネージャー的な立場で仕事をされている方なら、「正しいことを言って人が動くのであれば、苦労しない」と実感される方もいるのではないでしょうか。

「なぜ相手は理解しない?」と実感することも多いと考えます。

その現実的な理由を説明しています。

第1章 「伝える」ための基本事項

相手は誰か? どんなことに興味があるのか?

さて、「何のためにプレゼンをするのか」を言語化してみると、ほとんどの場合、「(どこで)誰に、何を、どうしてもらいたい」という構造になっています。

カギは「誰に」です。相手がいるわけです。プレゼンテーションは人に何かを伝えて、理解してもらうか、賛成してもらうか、動いてもらうかを目指してやるわけですから、当たり前です。

そして、この「相手が誰か」をイメージしながらプレゼンを作っていきます。これは、「誰に」伝えるものなのか、相手は何を考えているのかについて考えます。

プレゼンをする場合、「プレゼンをする」ことで精一杯になり、「プレゼンの目的」を忘れてしまうことがあります。

しかし「なぜプレゼンをするのか?」という明確な目的が、本来あるはず。

その点について、具体的な説明が続きます。

ゴールは何か──「理解してもらう」はゴールにならない

たとえば、次の2つを比べてみてください。

A「営業部と連動して、より欠品に対して迅速に対応できるシステムを開発したいのです」
B「営業部と連動して、より欠品に対して迅速に対応できるシステムを開発したいのです。つきましては、営業部長の○○さんに部長からもお話しいただけませんか」

さて、どちらが仕事をスピーディーに進めることができるでしょうか?

このような例と問いかけから始まっている。

ここでは答えを書かないが、おそらく分かりますよね?

プレゼンにしろ、相談にしろ、手段と目的の違いが説明されていきます。

結局、動かしてなんぼ──「きれいに話す」のは目的じゃない

なぜプレゼンをするのか。相手が自分が望むゴールにいないからです。とにかくゴールに相手を動かしていく。これが求められるのです。だから「動かしてなんぼ」なのです。

プレゼンの目的について、明確に説明されていきます。

「プレゼンが上手かったね」と相手に言ってもらっても、結果につながらなければ意味が無いですからね。

まとめ

第1章までの解説で分かるように、本書はプレゼンが上手くなるための内容ではありません。

「プレゼンで目的を達成するために必要なこと」が書かれています。

参考として第2章以降のタイトルだけ紹介します。

第2章 1分で伝える──左脳が理解するロジックを作る

第3章 相手を迷子にさせないために「スッキリ・カンタン」でいこう

第4章 1分でその気になってもらう──右脳を刺激してイメージを想像させよう

第5章 1分で動いてもらう

第6章 「伝え方」のパターンを知っておこう

第7章 実践編

タイトルを見れば分かりますが、具体的な例が多数出てきます。

また具体的な例を知ることにより、話しに対する理解力が高まります。

部下や後輩からの報告で次のように感じたことは無いでしょうか?

「言っていることは分かるけど、何が言いたいのか分からない?」

そして相手に「何が言いたいの?」と聞くと、また長々と話し出す...

この本を読めば、「なぜ後輩の話は言いたいことが分からないのか?」も理解することが出来ます。

また理解することが出来れば、明確に相手に指摘も出来ます。

後輩は「出来ない」では無く「知らない」だけなので、指摘すればすぐ上達するでしょう。

プレゼンに限らず「話し方」に興味のある人におすすめの内容です。

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術
伊藤 羊一
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 40
スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク