WIN10のシャットダウン画面が灰色になった時の対応方法

先日、WIN10のPC設定をいろいろ変更していたら、突然シャットダウン画面が「灰色」になるトラブルが起きました。

現在は解消されているので、その時の対応方法を連絡します。

スポンサーリンク

原因

「なぜ灰色になったのか?」は明確では無いですが、おそらくは「視覚効果をパフォーマンス優先」に変更したためだと考えています。

その後、通常の「自動選択」に戻したのですが、シャットダウンの色だけは戻らなかった。

対応方法

シャットダウン設定を変更

「右下にある電源ボタンを右クリック」

「カバーを閉じたときの動作を選択」

「現在利用可能ではない設定を変更します」

「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外す。

(右下に電源ボタンが無ければ、「コントロールパネル」→「電源とスリープ」→「電源の追加設定」からでも入れます)

テーマの変更

何でもいいので、今とは異なるテーマに変更する。

シャットダウンを行う。(再起動ではダメ)

本来のテーマに戻す。

シャットダウンを行う。(再起動ではダメ)

確認方法

おそらくはこれでOKのはずなので、最初に行った「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを付けて、再起動を行う。

これで私の場合は、以前と同じ「青色」のシャットダウン画面に戻っていました。

スポンサーリンク

まとめ

今回のことでWIN10のシャットダウンが「簡易方法」だと初めて知りました。

以前に使っていたWIN7と比較すると「起動が早い」のは、PCの能力と考えていたが、それだけではなかったのですね。

今回も新しいことを覚えたので、たまにトラブルが有るのもいいものです。

今回の方法で元に戻ることを願っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R