神奈川で90歳女性が赤信号を無視して人をはねた事故について考える

2018年5月28日午前10時55分ごろ、神奈川県茅ヶ崎市の国号1号線で、90歳の女性が運転する車が赤信号を守らず、横断歩道を通行する歩行者をはねる事故が発生した。

被害女性1人が亡くなり、他の3人は軽傷。

元ネタはこちら

→(朝日)「赤信号だが歩行者いないので発進」90歳容疑者を逮捕

今回はこの件について考えていく。

感想と考察

この事故について書くのは2回目だが、前回の記事は少し勘違いしていた。

→(前回の記事)神奈川県で90歳女性が運転する車が6人をはねた事故の報道について考える

朝日の記事に添付されている地図を見ると分かりやすいが、前回の時には整備会社の左にある細い道から本線に出てきて、横断歩道の手前で止まるつもりが、ブレーキとアクセルを間違えたため、歩行者に突っ込んだと考えていた。

そのため「高齢者にありがちな不幸な事故」と認識していた。

しかし今回の記事によると、「故意」に横断歩道に入ったことになる。

ただこの状況は、かなり理解に苦しむ。

その点を個別に考えていく。

赤信号を知っていた?

容疑者の証言により、信号が赤だったのを認識していたとある。

そして知っていながら歩行者がいないから進んだことになるが、この時に交差する車道の車は無かったのだろうか?

普通に考えれば、交差する車が怖いため、国道1号線で信号無視など出来ない。

ここの交差点の信号は、直進、交差、歩行者の3回に分かれるタイプなのだろうか?

ただもう一つ考えられることは、黄色から赤信号になったばかりなので急いで通ったが、予想より歩行者が早かったと考えれば、状況は理解できる。

もちろん認めることは出来ないが...

なぜハンドルを切る?

もう一点よく分からないのが、「歩行者が渡り始めたのが見えたので、ハンドルを切った」という説明だ。

長く直線を走っているならともかく、整備工場を出てからすぐの交差点になる。

正直、スピードはほとんど出ていなかったはずのため、ブレーキで簡単に止まれたのでは?

それなのに、まるで加速したみたいに歩道に突っ込んでいる。

「パニックになったのだろうか?」

そう考えると、今回の事故も明らかに高齢者による操作ミスとなる。

まとめ

昨日の段階では、「不幸な事故」と考えていた。

しかし今回の記事が正しいとすると、「悪質な事件」と言って間違いない。

「直進してきて急に変わった赤信号で止まれない」ことはあるが、明らかな信号無視は悪質な犯罪である。

ここに年令による考慮は存在しない。

若者ばかりを悪く言う風潮があるが、これを見ると高齢者も負けず劣らず悪質である。

一部かもしれないが、この現実をわきまえて欲しいものだ。

今後は本格的に、高齢者の免許について対策が出来ることを希望する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク