日大アメフト危険タックルの本質的な問題について考える

2018年5月6日、アメフトの日本大学と関西学院大学の試合。

日大選手が関学大選手に危険なタックルをし、負傷させた件が問題になっている。

しかし誰もが本当の問題について、触れていないように感じている。

今回はその件について考えていく。

本当の問題とは?

最初に個人的に考える、本当の問題について書いておく。

「関係者は本当に大問題と考えているのだろうか?」

第三者の立場では問題に見えた場合でも、当事者や関係者にとっては「大した事ではない」と考えることはよくあること。

今回の問題の一つに「相手のQBをつぶせ」という発言がある。

第三者から見ればトンデモナイことだが、監督や選手にとって特別に感じるのだろうか?

例えば野球で言えば、「相手選手に当てるぐらいの気持ちでインコースを攻めろ」という発言はよく聞く。

そして実際に当てたとしても、被害選手以外の関係者にとっては、大したこととは考えていないはず。

これと同じように、よくある発言ではないだろうか?

また実際にタックルを行った選手も、良くないことと考えながらも行動に移している。

また選手の会見を見ていると、上級生もつぶす行動を自分にやらせて欲しいと言う発言をしている。

何より試合において、このタックルの後も選手は出場し続けている。

実際に退場になったのは、その後も続く反則行為の積み重ねに過ぎない。

また本当に関係者が問題視しているなら、試合後すぐに問題にしたはず。

それなのに問題が大きくなったのは、第三者によるSNSからになる。

「結局関係者にとっては、よくあることの一つでは?」

そのため次のように考えていないか?

「なぜ自分たちだけ問題扱いされているのか?」

まとめ

先程も書いたが、監督や日大関係者にとって今回の件は、「日常的にある一コマに過ぎない」と推察する。

そこから考えると、監督などの会見も理解しやすい。

極端な言い方をすれば、自分たちも被害者と考えている。

またこうも考えているだろうか?

「他のチームもしているじゃないか!!」

これを読んだ人は「あり得ない!」と考えるかもしれないが、多くの人が日常的に考えていること。

例えば駐車違反で捕まった時、「他の車もしているじゃないか!」と怒る人がいる。

これと同じ感覚に過ぎないのでは?

改めて問題を書いておくが、これが特別と感じない感覚こそ問題にすべきこと。

この件により、今後のアメフトがより良くなることを期待する。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク