三角コーナーを使わない最も簡単な方法を紹介する

キッチンのシンクに設置する三角コーナーは、生ゴミの処理などからどうしても置いておきたいですが、いろいろと問題があるのも事実です。

今回は三角コーナーを使わずに、同じ用途を可能にする方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

色々な方法の問題点

ネットに色々な方法が紹介されていますが、個人的にどれも気に入りませんでした。

参考として、それらについても確認していきます。

→具体的な方法だけ知りたいならここから下にジャンプできます

新聞紙を利用する簡易方法

新聞紙を折り込んで、三角コーナーに似た物を作る方法があります。

確かに新聞紙は購読している人なら無料であり、汚れれば捨てればいいだけです。

しかし水気が入ると見かけが悪くなり、また水切りも良いとは言えないでしょう。

牛乳パックを使う方法

牛乳パックを使う方法もあり、購入している人なら無料になります。

元々水分を入れるものだから、外見的に汚れることも少ない。

しかし水切りの問題が残り、必ずしもおすすめとは言えない。

排水口にネットを付ける

100均などに専用タイプも売っている、排水口にネットを付けて入れる方法もあります。

確かにこれなら三角コーナーと同じ働きをします。

しかし入る量は少なく、また外見的にも必ずしも良いとは言えません。

毎日処理すればいいですが、少し手間がかかるのも事実です。

直接ビニール袋に捨てる

単純に生ゴミをビニール袋に捨てる方法もあります。

確かに簡単ですが、やはり水切りの問題は残ってしまいます。

またその袋自体の置き場所にも困るかもしれません。

水切りゴミ袋キーパー

100均などに吸盤で固定して、上部がリング状になっている「水切りゴミ袋キーパー」という商品があります。

確かに便利ではありますが、三角コーナーと同じだけのスペースは取ってしまいます。

また当然リング部に汚れも発生し、吸盤のため重量物は困難でしょう。

上部が閉まるタイプのゴミ袋フォルダー

シンクの側面に吸盤で固定して、袋の上部を閉じることが出来る「ゴミ袋フォルダー」という商品があります。

使用しない時に閉じておけばニオイ対策にもなるし、またスペース的にも有効です。

しかし1000円程度の価格であり、また汚れは発生します。

またシンク側面部の掃除も、手間がかかります。

ここまで見てきたように色々な方法は紹介されていますが、個人的に納得出来るものが無かったのが現状になります。

三角コーナーを使わない具体的な方法

個人的に考える三角コーナーを使わない、具体的な条件を考えてみる。

・汚れを最小限にし、掃除がしやすいこと。

・スペースを取らないこと。

・市販の水切りネットを使いたいこと。

・価格を抑えること。

この条件を満たす方法を考えて見ました。

使うのは100均で売っている「ステンレスフック」です。

両面テープで止めるタイプです。

これをシンクコーナーの上部に次のように取り付けます。

現在は4個使用してますが、ベストポジションはそれぞれで見つけてください。

おすすめの取付方法は、「まず3個だけ取り付ける」

そして必要に応じて、1個もしくは2個を追加すればOKです。

これに水切りネットを取り付けると、次のようになります。

今回は「不織布タイプ」を使用していますが、ネットタイプでも問題ありません。

スポンサーリンク

まとめ

この方法を継続して使っていますが、極めて良好な状態を保っています。

ただ問題点が一つ有るとすれば、たまにフックが外れてしまうことです。

ただあまり強力な両面テープを使用してしまうと調整が効かなくなるので、ある程度の頻度で外れるのは仕方がないと諦めた方がよいでしょう。

またシンク表面は意外とデコボコしているので、クッション付の両面テープがおすすめです。

袋を外してしまえばシンク表面はフラットになるので、掃除も楽々です。

この方法を利用して、三角コーナー要らずの生活を満喫してください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R