北九州で4歳の子供がテレビ台の中に入って窒息した事故について考える

2018年5月11日、北九州小倉市の住宅で4歳のこどもが、呼吸していない状態で見つかった。

父親の言葉より、テレビ台の中に入っていたためによる窒息死と考えられている。

この件につきましては、以前に別の記事を書いています

→(以前の記事)北九州市で4歳男児が自宅で窒息死した件の報道について考える

今回は以前の情報には無かった「テレビ台の中」という表現が見つかったので、この点を中心に考えていく。

スポンサーリンク

感想と考察

前回書いているように非常に痛ましい事故ですが、状況が良く分からないのも本音です。

前回は状況が分からなかったのですが、イメージとしては「急激な体調の変化」と捉えていました。

赤ちゃんならともかく、4歳なら「うつ伏せ」ぐらいでは窒息しないだろう。

また喉に何かをつまらせたとしたら、隣で寝ている人が気づくぐらいの音がするはず。

そのため前回は、「どうして?」について触れていない。

しかし今回「テレビ台の引き出しの中にいた」という状況を踏まえて、改めて考えてみる。

時系列の確認

今回紹介した元ネタの記事だけでは分かりにくいので、前回の記事と合わせた時系列を改めて確認していく。

前日10日午後9時ごろ、父親は子供を寝させる。同じ部屋には、別の家族も一緒にいた。

子供が寝た後?、自分の意志で動き出し、引き出しに入る。

そして狭い空間?に入っていたことにより、窒息死してしまう。

翌日11日6時20分ごろ、父親が子供が息をしていない状態で発見する。

非常に不思議な状況だと感じてしまいます。

確認したいこと

ここからは違和感を感じることや、確認したいことについて書いていく。

なぜ入ったか?

誰もが、「なぜそんな所に入ったのか?」と疑問を持つと思います。

しかしこれについては子供のことですし、今となれば本人に確認できないため、この件は憶測以上のことは何も言えない。

以前にも入っていたのか?

これは重要なのですが、その子供は「以前にも入ったことがあるのか?」を確認したい。

もし一度もなければ、小さい子供が夜中に一人で突然行動したことになる。

いくら子供とはいえ、少し考えにくい。

部屋の電気は点いていたのか?

もし子供が一人で行動したとしても、窒息するぐらい狭いスペースに暗い部屋の状態で入ることが出来るだろうか?

そうすると電気は点いていたはずだが、その点はどうだろうか?

リモコン式なら、少なくともリモコンが落ちているはず?

窒息する前に音はしなかったのだろうか?

窒息するとしても、そのすぐ前までは声をだすとか、暴れるとかしたはず。

同じ部屋に寝ていた人が気づかないことはあるだろうか?

狭い空間に入った後、静かに息を引き取るように亡くなった?

テレビ台の形状は?

実際の写真は要らないが、同型のテレビ台の写真やカタログを知りたいところだ。

「引き出しの中」という表現だが、その引き出しはどのようなタイプだろうか?

木製タイプだと中に入ることは出来ても、自分で締めることは出来ない。

見つけた時、引き出しは開いていた?

まとめ

今まで書いてきたように不可解な事故?だが、全て状況に過ぎない。

そのため個人的な結論は、ここには書かないでおく。

あくまでこの事故に関係する人や興味のある人が、考えるための参考としてまとめている。

また同じような事故が起こらないように、社会に対しても注意喚起もしなければいけない。

だた4歳の子供が亡くなったという一点において、非常に痛ましい出来事です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→(続報)北九州市・4歳男児がテレビ台の中で死亡した件で父親が逮捕された報道を考える

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R