三重で夫が殺害された事件の報道内容が変わっている件について

2018年5月13日午前6時ごろ、三重県鈴鹿市にある自宅駐車場の車の中で、男性が死亡しているのが発見された。

この件については、1日前に別の記事を書いています。

→(以前の記事)三重県鈴鹿市で首にコードが巻き付いた男性が窒息死した事件の報道

今回は発表されている新聞記事の内容が、1日前と変わっていたので、その点を考えていく。

スポンサーリンク

感想と考察

前回のニュースは以前の記事を見ていただくとして、ここには現在発表されている新聞記事を紹介します。

→鈴鹿の変死体、殺人と断定 三重県警が捜査本部 遺書なく男性に抵抗の跡

どの点が変わっているかを、個別に考えていく。

殺害された夫との連絡

以前は13日午前5時ごろ、妻に向けて「間もなく家に着く」と、夫から連絡が入っている。

現在は、13日未明まで妻の経営しているスナックにいたが、店を出た後は連絡がつかない。

これは非常に大きな問題です。

義理の息子が被害者を発見したのは、午前5時55分頃です。

以前は約1時間に絞れていたのが、現在ではかなり範囲が広がっています。

また「どこで」殺害されたかは不明のため、自宅の近くとも限らなくなった。

夫の行動

以前は夫の当日の行動が分からなかったが、現在は妻の経営するスナックに未明までいたことが判明している。

それを考えると、「夫がどうやって自宅に帰ったのか?」を考える必要がある。

また「お酒をのんでいたのか?」もキーポイントになる。

店と自宅の位置関係は分からないが、土地柄がらと時間から考えて「電車」とは考えにくい。

お酒を飲んでいたら車ではない。

ただし代行を利用していたら足どりはハッキリするし、タクシーでも同じになる。

お酒を飲んでいなかったら車も考えられるが、それなら「Nシステム」などに映っている?

これが明確に分かれば、かなり条件を絞ることが出来る。

スマートフォンについて

以前はスマートフォンの情報は無かったが、現在では玄関から見つかったと分かっている。

財布は持っていたのに、スマホは自宅に置いている。

逆なら分かるが、珍しい状況と言える。

また着信などの通話状況も、時間帯から考えてかなり重要な点になる。

足元について

以前から部屋着でいたことは分かっていたが、今回「サンダル」という表現が追加された。

どのようなサンダルかは分からないが、車を運転するスタイルではない。

そうすると財布をわざわざ持って、車で何かをしようとしたのか?

よく状況が分からない。

まとめ

ここから考えられる結論は、あえて書かない。

もし書いてしまってら、予測や推理になり混乱の原因が考えられるからだ。

ただ今回は重要な点が訂正されたり、追加されたりしていたため取り上げている。

この点などが事件解決の手がかりになれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→(続報)三重鈴鹿・首にコードを巻いて夫を殺害した妻が逮捕された件を考える

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R