アニメ「ガンゲイル・オンライン」の名言と画像まとめました

9話#8 ブービートラップ

「大丈夫、私覚えた。地図自体はいつでも見られるし、自分が今どこにいるかだけ、見失わないようにして。迷ったら動かずに私を呼んで!」

セカンド・スクワッド・ジャムが始まり、最初の打ち合わせをするレンとフカ次郎。
マップを覚えられないフカ次郎に対して、指示をするレン。
2回目のため、今回は初めから頼もしい。

スポンサーリンク
wp_336x280R

「何てこった! よりにもよって一番遠い所にいるなんて! くっそーーー!!!」

ピトフーイとの直接対決を望んでいるレンだが、マップの端と端に分かれていた。
他の敵を倒した後でないと、近ずくことも出来ない状況に対し、レンは悔しがる。

「お嬢さん。人生は、そう思う通りにはいかんのじゃよ。それでもお主はここまで来たじゃないか。わしは見ていたぞ。違うかな?」

悔しがるレンに対して、突然おじいちゃん口調で話し出すフカ次郎。
親友同士のおふざけですね。

「ここにいて。出来る限り伏せてて。SJの優勝者の実力、ちょっと見せてくる!」

敵の裏を取ろうとした時、逆に敵のトラップにかかり動けなくなったフカ次郎。
そんな時、レンは自信をみなぎらせて宣言する。

敵との接近戦を演じ、ナイフを使って滑りながら敵に近づくレン。
このまま滑って敵の間を通過した時に...結構エグいレンちゃんでした。

「私は、受けた借りは返さないとすまない女なのさっ!」

最期の敵を撃退したフカ次郎。トラップで足を飛ばされた借りを返している。
ただし足は、時間が経過すると復活する。

「すっかりたくましくなったねぇー! 私はうれしいよ!」

足が復活したフカ次郎に対して、トラップの説明をするレン。
少し前まではゲームなんかしないお嬢さんだったのに...

「ねぇ、レン。さっきのポカのお詫びだけど、今度は私にちょっくら活躍させておくれよ! あー、レンに一発も撃たせずに全滅させてやるー!」

駅のホームに陣取っている敵に対して、自信を見せるフカ次郎。何か秘策があるみたいだ。

「敵の目を見ながら戦うだけがバトルじゃない。この武器なら、この戦法が有利だってことが分かったのさー! だから距離を測って、感覚で当てる練習をしたのだ!」

グレネードが山なりで飛ぶ習性を利用して、見えない敵を攻撃する方法を提案するフカ次郎。
正確な距離情報さえもらえれば当てられるように、居残り練習を繰り返していた。

スポンサーリンク

「そんなん、決まってんじゃん! 迎え撃って、全員皆殺しよ!!」

ピトフーイとエムがいるチームに対して、7チームが結託して倒そうとしていた。
それを知ったピトフーイは逃げるどころか、迎え撃つことを選択する。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク