アニメ「ウマ娘」の名言と画像まとめました

2018年春アニメ「ウマ娘」の名言(迷言?)と画像をまとめていきます。

↓公式ホームページはこちらより

まずこのアニメ、競馬をするために生まれたウマ娘たちがレースをする物語。
北海道の田舎から出てきたばかりの、主人公スペシャルウィーク。
同じチームで憧れのサイレンススズカなど、実在した馬とレースがリンクしていく。

目次

1話 2話 3話 4話 5話

6話 7話 8話 9話 10話

11話 12話 EX話

1話 夢のゲートっ!

「大丈夫です、わたし走るの大好きですから!」

目的の駅を一つ間違えたスペシャルウィーク。
しかし一駅ぐらいの距離、ウマ娘にとっては問題なし。

スポンサーリンク
wp_336x280R

初めて競馬場に来たスペシャルウィーク。
走るのはウマ娘でも、レース自体は本物と同じ条件になる。

パドックに登場するサイレンススズカ。
実際のレースのように周回するのではなく、一人ずつの登場となる。

「トモの作りもいいじゃないか! まさに肥えウマ娘に難なし」

突然スペシャルウィークの足を触りだす謎の男。
当然この後は足蹴にされるが、後にトレーナーと判明する。

「私、日本一のウマ娘になるって、故郷のお母ちゃんと約束したんです。だからジャマしないでください!」

実際のレースを見に来たスペシャルウィークは、先程のトレーナーと再び出会う。
その時、自分の目標を話し出す。

「勝ったのはサイレンススズカ! 逃げ切りましたー!」

ハイペースで大逃げし、一度詰め寄られるも再加速して引き離す。
実在した馬と同じ、影も踏ませぬ逃走劇となる。

「たゆまぬ努力で勝利を勝ち取ったウマ娘と、喜びを分かち合う場所」
「それが、ウイニングライブ!!」

レースで勝利したウマ娘がセンター、2着と3着のウマ娘は両サイドを固める形で、ライブを行う権利を持つ。

後のライバルとなるセイウンスカイ。トリッキーなレース運びを得意とする。

こちらも後のライバルとなる、グラスワンダーとエルコンドルパサー。
圧倒的な実力をもつ二人になる。

スペシャルウィークの前に現れた、謎?の3人組。
なぜか名前を呼びあった後、スペシャルウィークを袋詰にして連れ去って行く。

「夢! 見ている人に夢を与えられるような、そんなウマ娘!」

「日本一のウマ娘とは?」という問に対して、サイレンススズカが考えている答えになる。
大きなレースに勝てば、日本一になれる訳ではない。

スポンサーリンク

「トレーナーさん、笑わないんですね。日本一って言っても?」
「私、私がんばりたいです、ここで!」

「日本一になりたい」と言うたびに笑われてきたスペシャルウィーク。
連れて来られたチーム「スピカ」では、トレーナーも他のメンバーも誰も笑わない。
また憧れのサイレンススズカも入って来たことから、自分もここで頑張ると誓うのだった。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク