「やがて君になる」七海燈子の名言と画像まとめました

仲谷鳰(にお)「やがて君になる」、「七海燈子」の名言と画像をまとめていきます。

高校二年生で生徒会長、美人で学年主席という非の打ち所のない少女。

しかし人を好きになる感情を持てなかったのだが、一人の少女との出会いから全てが変わっていく。

軽い百合マンガですが、素敵な作品です。

1巻

「だって今まで好きって言われて、どきどきしたことないもの」

多数の男子と少しの女子も含めて、全て告白を断っている燈子。

興味が無いので付き合うこと自体を考えていない。

「好きにならなきゃいけないと思って、つらかったんだね」

告白された返事に悩んでいる、後輩の小糸侑に対して話したこと。

侑も人を好きになる気持ちが分からない。

「大丈夫だよ。彼が気持ちを伝えてくれたみたいに、君もちゃんとそのままを伝えればいい」

「君はそのままでいいんだよ」

告白してくれた男子に対して、返事をしようとしている侑。

それに対して燈子が語りかけた言葉になる。

「私たちの間に今更そんなの必要?」

生徒会長に立候補する燈子は、推薦責任者を親友の佐伯沙弥香ではなく侑に頼んだ。

それを責めている沙弥香に対して燈子が話したことになる。

ちょっと卑怯な言い方?

「私の好きって、こういうことしたい好きだったんだ」

「君といるとどきどきするの。こんな気持ち、誰にもなったことなかったのに」

通学途中、電車の影に隠れるようにして、突然侑にキスした燈子。

その後に気持ちを語った言葉になる。

「小糸さん、付き合ってなんて言わないから」

「小糸さんは誰かを特別に思えないって知ってる。私のことも好きにならない、それでいいの」

「だから、好きでいさせて」

侑に対してこれからを話した燈子。

相手を縛る行動にもなっている...

「なにその台詞。大好きだよ」

侑に聞かれたことに対して答えたこと。

名言と言うより、単に画像を紹介したかっただけ...

「普通か、小糸さんらしいや。君はいつも私を許してくれるね」

生徒会長の選挙前、演説に向かおうとしている燈子。

外見では冷静を保っていたが、内面はプレッシャーと戦っていた。

そんな燈子を優しく甘えさせる侑。

燈子は「特別な少女」ではなく、「特別になりたい少女」だった。

やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)
仲谷鳰
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015-10-24)
売り上げランキング: 12,140

2巻

「何それ、好きじゃないけどキスしたいとか。侑、えろい」

キスを迫った燈子に対して、侑も多少興味を示した。

それに対して燈子が、からかうように話した言葉になる。

「そんなこと言うと、無償の愛ですってことにするけど?」

テスト前のため、勉強を侑に教えている燈子。

学年が違うため範囲が違うと問いかける侑に対して、燈子がからかったこと。

「私は君じゃなきゃやだけど、君はそうじゃないから」

誰にでも優しい侑に対して、別の相手が出来ることが不安な燈子。

その心情を話している。

「そういうところが心配なんだけど、でもそういうところが好き」

一番自分を必要としてくれる燈子に対して、侑はその希望を叶えたいことを話していく。

そんな優しさに対して、燈子が感じた言葉になる。

「そんなこと、死んでも言われたくない」

交通事故で無くなった姉に対する想いを、忘れることが出来ない燈子。

誰からも慕われた姉のようになりたくて、本当の自分ではない自分を作っている。

そんな燈子に対して、侑は本来の自分に戻っても誰からも好かれることを話していく。

その時、燈子が返したのが今回の言葉になる。

「『好き』って暴力的な言葉だ。『こういうあなたが好き』って、『こうじゃなくなったら好きじゃなくなる』ってことでしょ?」

「『好き』は束縛する言葉」

「侑、好きだよ」(これは束縛する言葉)

「君はそのままでいてね」(どうか侑、私を好きにならないで)

2巻の最後になって初めて、燈子が侑に惹かれる理由が明かされる。

好きな人だから好きになって欲しくない。

束縛ではなく、ただ側にいてくれる存在を求めている。

やがて君になる (2) (電撃コミックスNEXT)
仲谷鳰
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-04-26)
売り上げランキング: 12,628
スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク