マスコミは偉いのか?を考えてみた

今回は「マスコミは偉いのか?」について考えてみました。

元ネタはこちら

→「報道陣ねぎらうのは「人として最低限の礼儀」? 貴乃花親方にメディア側から「苦言」飛び出す」

何げにヤフーニュースを見ていた時、この記事を読んで驚いた。

「なに言ってんの?」

細かい内容は実際の記事を読んで頂きたいが、簡単に説明します。

「貴乃花親方がマスコミの取材に対して連日無言のため、マスコミに対して人としての礼儀として、ねぎらうべきではないか」という内容だ。

これはこの記事だけではなく、スポーツ新聞のコラムやテレビ放送でも同様のコメントがあるみたいだ。

スポンサーリンク

マスコミって偉いの?

まず昔から、「ペンは剣よりも強し」という言葉がある。

これは「剣や権力より、ペンの訴えの方が世間的に効果がある」という意味に捉えている。

それは事実であるし、事実であって欲しいと考える。

しかしだからこそ、マスコミには公平さが求められる。

強き者にも媚びない。

弱きものにも横柄にならない。

自分の思想を入れずに、出来る限りの事実を伝える。

明らかに間違った方向に行きそうな時は、正しい考えを提案する。

他にも色々あるが、高次元でのモラルを要求される。

そして世間に感謝されることはあれど、取材対象者に感謝されることはほとんど無い。

それぐらい繊細な仕事である。

だからこそ、力を世間から与えられている。

それなのに、「ねぎらいを強制するなんてありえない!」

話さないと決めている相手に連日押しかけるのも、明らかに礼儀がない。

自分の礼儀の無さは置いといて、相手に強要するのは矛盾がある。

一見、「使命のため」みたいな綺麗事を感じるが、あきらかに自分たちの利益のためだ。

たとえ思うことはあっても、絶対に話してはいけない。

公の文章や放送で話すことはありえない。

スポンサーリンク

まとめ

今に始まったことではないが、マスコミの対応は横暴過ぎる。

そして放送は一方的過ぎる。

ネットがない時代は、新聞とテレビが全てだったが今は違う。

ネットが全て正しいとは思わない。

むしろ間違いのほうが多いかもしれない。

しかしテレビや新聞は、昔の体質を引き継ぎ過ぎている。

本当にこのままの状態で進むと世代が変わった時、無くなっていても不思議ではない。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R