派遣切りって悪いことなの、自己責任では?

今回は17年働いていた派遣先を契約終了になった件について、ニュースになっていたため考えてみることにした。

↓元ネタはこちら

→3カ月更新の契約で17年勤務…そして、突然の「雇い止め」 58歳派遣社員の思いは

スポンサーリンク

感想と考察

まず簡単に内容を説明すると、

  • 17年間、3ヶ月ごとの更新で派遣社員として働いていた。
  • 突然、契約打ち切りを言い渡された。
  • 理由を説明してくれない。
  • 本人は、その理不尽さに怒っている。
  • 現在58歳、これからどうしたらいいのだろう。

大体、こんな感じだ。

この手のニュースはよく見る。

しかし、いつも感じるのは「違和感」だ。

「それって会社側が悪いことなの?」

もちろん気持ちは分かる。

長年働いていた会社を突然辞めさせられたら、怒りも出るだろう。

しかし、契約単位で辞めさせていいのが契約社員。

そして、その条件を認めているのは本人。

何が問題なのか、正直まったく分からない。

「その条件を認めるしかなかった」としたら、それは本人の能力不足。

他の会社に入ることの出来なかった、自分の努力不足。

そしてなぜか、会社が契約を更新しないことばかりが問題になる。

逆に社員が契約を更新しないこともあるだろう。

それは問題にならない。

おそらく、「社員の権利」と言うだろう。

自分の権利は主張して、会社の権利は非難する。

もしくは、こんな制度を採用している社会を問題視する。

しかし本当の問題は、契約を更新されなかった自分の能力不足。

それに58歳なら、正社員でも普通に定年の年齢だ。

契約社員が定年的なイメージで切られるのは、むしろ普通な感じ。

自分だけが特別だと考えている方が、甘いと思える。

しかし世間的には、この人に同情的だ。

おそらく自分の状況と重ねているのかもしれない。

そう考えると、それぞれの立場で意見が分かれるのだろう。

現在正社員もしくは経営者の方は、私に似た考えを持っているだろう。

「いやいや私は経営者だが契約社員やパート社員を大切にしている」と言う方は当然いる
だろう。

しかしそれは会社にとって戦力であり、いなくなると困るからだ。

売り上げも落ち正社員も余る状況なら、そんなことは言えるはずがない。

逆に現在契約社員の方は、世間の風潮のように同情的だろう。

それは、「自分なら困る」との考えからだろう。

結局は自分にとって都合のいいことを、主張しているに過ぎない。

スポンサーリンク

また契約社員のシステムを問題視しているが、これもちょっと別の見方をしたい。

もし全てが正社員なら、こんなに社員を雇えるだろうか?

おそらく雇えないから、絶対的な雇用人数が減る。

そうすると、自分は働くことすら出来ないかもしれない。

そう考えると、契約社員で雇ってくれているのを喜ばないといけない。

そして契約社員の人は、いつ切られてもいいように次を考えなければいけない。

出来れば自分から契約を終わらせて、次にステップアップをしなければいけない。

本来契約社員とは会社とフィフティの関係だ。

分かりやすく言えば、個人事業主だ。

自分で道を切り開く者であり、雇われではないはずだ。

何か勘違いしている人が多すぎる。

自分で書いていて「ちょっと厳しいかな?」と思うが、これが現実。

文句を言っている暇があるなら、能力を磨くか売り込みでもして下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R