トヨタが2025年までにエンジン車をゼロにするので考えてみた

トヨタが2025年までにエンジン車だけの車種をゼロにすると発表したので少し考えてみることにした。

技術的なことや具体的な統計は書いていませんの、あくまでイメージ的な空想として読んで
下さい。

↓元ネタはこちら

→トヨタ、エンジン車だけの車種ゼロへ2025年ごろ

環境対策?

まずはエコ対策が一番だろう。

正確に言えば、エコ対策をしている会社をアピールしたいのであろう。

実際に、石油には限りがあるので考え方は正しい。

少しでも長持ちさせたいこと、そしてエコ対策になるのなら、目的はともかく方向性としては他メーカーも見習うべきだろう。

ガソリン車について

ガソリン車についてだが記事をよく見ると、「ガソリン車だけの車種」と書かれている。

ということは、現状ガソリン車だけの車種でも、ハイブリッドなどが追加されれば、
残るということだ。

車種として残れば、ガソリンのみのクルマも販売を続けるられる。

そのように考えると車種の減少は、意外と軽微かもしれない。

クルマの楽しさを残すのも、メーカーの使命だと覚えていて欲しい。

また無くなる車種については、切り替え前に駆け込み需要があるかもしれない。

瞬間的な売り上げの上昇も考えられる。

電気自動車について

電気自動車については、正直よく分からない。

運転したことはもちろん、乗ったこともない。

しかし、まだまだ航続距離の問題はある。

充電スポットも場所の数ばかりが書かれているが、一ヶ所あたりの充電器の数が少ないのではないだろうか?

また急速充電としても、そこそこ時間はかかるだろう。

待っていてもなかなか空かないので、その場合どうしたらいいのだろう?

家庭で充電して、近場だけにしか使えないとしたら、まだまだ使い勝手が悪い。

ガソリンみたいに簡単に補充出来ない点を、もう少し煮詰める必要がある。

性能がガソリン車より落ちるのは、仕方ないこととして諦めるしかない。

他メーカーは?

おそらく他メーカーは静観の姿勢を取るだろう。

同じことをしていてはトヨタには勝てないため、別路線で行くしかない。

しかし世間の流れが「エコ」なのは間違いない。

印象操作によって「古い考えのメーカー」となる可能性もある。

小さい会社なら「個性」と呼べるが、ある程度の規模のメーカーになると、一部のマニアから好かれるだけでは、続けていくことが出来ない。

苦戦を覚悟の上、同じ路線を進むしかないだろう。

そのように自分の得意分野に引きずり込むことが、トヨタの狙いかもしれない。

購入者は?

ハイブリッド車や電気自動車で一番の問題といえば、やはり価格だろう。

通常のクルマと比較すると、高くなるのは仕方がない。

「しかし、燃料代で相殺出来るのでは?」という考え方もあるが、メンテナンス費用も高く
なるため、現状では何とも言えない。

また電池の寿命及び能力については、年々進化しているので期待していきたい。

これにより、日本の車離れが増えるのは間違いないだろう。

しかし、クルマがないと生活できない地域の人がいる。

そのような人の負担が増えるのは、不安要素の一つになる。

まとめ

改めて読み返すと、当たり前のことをズラズラと書いてしまった。

しかしそこから考えると、少し時期尚早の感じがする。

世界のトップメーカーとして方針を示したいのは分かる。

しかしこれを、購入者がどのように受け取るかは未知数だ。

今後のトヨタの戦略に注目していきたい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク