本が売れないので出版社と図書館のコラボを考えてみた

最近、本が売れないと言われているので、出版社と図書館のコラボについて考えてみました。

まず最近は、活字離れが進んでいると言われています。

しかし、これって本当でしょうか?

「活字」というのを「紙の文字だけの本」に限定すれば、たしかに進んでいるかもしれない。

しかし、マンガも絵はあるが文字も入っている。

ネットなどのニュースも、全て文字が中心だ。

情報を発信しているブログなども、写真もあるが文字が中心と言えるだろう。

そう書いていると、結局「本は売れないんじゃないんの?」と聴かれそうだ。

もちろん、「紙の本」が減っていくのは時代の流れだろう。

そして従来の本屋や印刷会社が縮小するのも、仕方がないことだろう。

これはシステムが変わるのだから仕方がない。

そしてそのような業種は山ほどある。

この業界も同じ流れの一つになるだけです。

ただ紙の本を、少しでも読んでほしい気持ちはある。

そのため遅くなったが、出版社と図書館のコラボについて考えていく。

スポンサーリンク
wp_336x280R

図書館の価値とは

最初に確認しますが、最近図書館に行ったでしょうか?

私は新旧織り交ぜた本に関するサイトを作っていますので、かなり頻繁に行っています。

そして気づいたのですが、「本当に知らない作家が多い」。

たとえば本屋で知らない作家、知らない内容の本を購入することはほとんどない。

ネットや本屋の推薦などを見て、初めて購入を考えるぐらいだ。

しかし図書館なら違う。

無料だから失敗が許される。

その結果、自分に合った作家を見つけることが出来る。

それなのに最近、出版社が図書館での文庫本を止めるように依頼していた。

まったくビックリです。

図書館とはいえ、本自体は購入しているはず。

利益を上げて宣伝してくれている媒体を止めるなんて、考えられないですね。

図書館と新刊のコラボ

少し前ですが、「図書館には1年以内の新刊を置かせない」と訴えている記事を見た。

まるで図書館のせいで、新刊が売れてないみたいですね。

これは間違いと断言できます。

本屋で買う人と、図書館で借りる人は完全に分かれます。

残念ながら図書館は冊数が決まっているため、ほとんどの人はかなりの長期間待つことに
なります。

言い方を変えれば、待ってもいいぐらいの価値しか見ていないのです。

そしてお金を出してまで、読みたいとは考えていません。

まして無名の作家などは、図書館ですら見向きもされません。

もちろん本屋では、すぐ消えていくでしょう。

それなら考え方を変えてはどうでしょうか?

「発売日に図書館の新刊コーナーで宣伝してもらう」

そんなことをしたら更に新刊が売れなくなる、と悲鳴が聴こえそうですね。

しかし通常とは異なる貸出スタイルにすると、結構な宣伝になるはずです。

参考として、私が考えた案を書いていきます。

予約は受け付けない

予約を受け付けてしまうと、情報に強い人が勝ってしまう。

それでは、盛り上がらない。

当日は早い者勝ちとする。

たかだか本です。列を並ぶほどの価値はありません。

しかし、「無料で当日に新刊」というインパクトが、人を動かすのではないか?

そして、それほどの気持ちのある人は情報を発信してくれるのでないか?

1冊売れる利益より、はるかに高い価値を生み出すだろう。

貸出期間

多くの図書館の貸出期間は2~3週間ぐらいだろう。

しかし新刊で、その期間は長すぎる。

昔のレンタルビデオと同じ様に、新刊は短くするべきだ。

3日ぐらいがいいのではないだろうか?

「そんなことをすると、新刊が売れない」とまた言われそうだ。

これについては、次のアイデアの布石と考える。

初期の間は予約不可とする

一般的な新刊は予約をして、順番待ちが普通です。

しかしこれをして、3日単位で回されるのでは芸がない。

そこで、「現物が返却されていたら借りられる」というスタイルがいい。

これも昔のレンタルビデオのスタイルだ。

これにより借り手に、意識的な手間をかけさせる。

その結果、「無料なら読みたい」程度の作品が、「手に入らない」作品になる。

ちょっとしたゲーム感覚である。

その結果、諦めて本屋で購入する人も出るだろう。

それだけのステップを踏んだ本は、内容以上に価値を感じるだろう。

また、その苦労を人に話してくれれば最高だ。

本そのものが価値を持ってくれる。

スポンサーリンク

まとめ

今回考えたのは、ほんの一案です。

また現在の図書館は、引退した年配者の休憩場所と学生の勉強場所になっている。

もう少し、メインの本自体で盛り上がってほしい。

現在私が住んでいる大阪府の高槻市では、図書館が非常に充実している。

人も結構入っている。

しかし多くの図書館は、存続に苦労しているのではないだろうか?

せっかく本を揃えているのに、利用者が少ないのではないだろうか?

多くの人が、意外と図書館の存在を忘れている。

この機会に図書館を、そして本を読む楽しみを広げていきたい。

その結果、裾野が広がって出版業界全体に、良い影響が出るだろう。

とにかく物語を楽しむ習慣を、小さいうちから覚えて欲しい。

これからも図書館の存続を期待して、終わりとします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク