開発してほしいクルマについて考えてみた

ここでは自分が商品の研究開発に関わったとして、勝手な考えを書いていきます。

全くの的外れや勘違いもあると思いますが、単なる遊びとして読んで下さい。

今回は「クルマ」について考えてみる。

現在では、ありとあらゆるクルマが発売されている。

エコ重視のクルマ。

人や荷物を載せることを重視したクルマ。

高性能のクルマ。

外見を重視したクルマ。

その他、商用車を考えると更に増えるだろう。

ただ最近、日本メーカーにおいて見なくなったタイプがある。

低価格帯のクルマだ。

今回はその「低価格」にこだわって考えてみる。

スポンサーリンク

今のクルマは高すぎる

まず、今のクルマは高すぎる。

軽でも100万円を切るのは少ない。

高いものになれば、200万円に届きそうだ。

実際に超えている車種もある。

「しかし、これって誰が望んでいるのだろう?」

昔は安いクルマがあった。

そして、それは当然のことであった。

しかしメーカーによるモデルチェンジやマイナーチェンジの度に、より高性能を求めたために、値段は上がる一方となる。

そして多くの購入者が考えている。

「これって必要な装備?」

開発者としては、より良いものを目指すのは当然だ。

しかし、良くしたから売れる訳ではない。

開発者は良い製品ではなく、売れる商品を考えるべきだ。

クルマのライターが喜ぶようなクルマではなく、人々が購入できるクルマを作るべきだと
思う。

もちろん、安いクルマだけを作ればいいのではない。

高級路線と低価格路線を完全に分けるべきだ。

最近はどのクルマも普通に向かい過ぎている。

実際にどうすればいいのか?

低価格をするために、コストダウンについて考えるだろう。

そして人はこう考える。

「今のクルマをどうすればいいのだろうか?」

これ、完全に間違った考え方です。

今のクルマなど、どうでもいいのです。

これからどうするかを考えるべきです。

車体

まず大きな問題は車体です。

内部の空間確保とか安全性を考慮して、大きくなりすぎています。

最近はファミリーカーなのに、「3ナンバー」に相当する車体が多い。

「これって、誰も望んでいませんよね?」

それなのに、メーカーは「必要だから!」と突っ走る。

必要なことと望まれていることは違う。

だから最初にすべきことは車体の小型化です。

そうすると、「5ナンバー」に収めるためにはと考える。

これもおかしい。

もっと小さくて良い。

「それでは軽と変わらなくなる!」

と開発者は不満を持つかもしれない。

しかし問いたい。

「変わらないといけないの?」

小さな車体に普通のエンジンを摘むと、高性能に変わる。

この単純な図式を復活したい。

エンジン

エコは大切です。

カタログに載せる燃費の数字も大切です。

しかし、誰もが思っている。

「カタログの数値なんて嘘だよね」

実際、カタログの半分しか走らないクルマも多い。

これは、走るための力(トルク)が小さいからだ。

多くの人が最高速を求めない。

極端に言えば、100km/hでれば日本では十分だろう。

そして最高速を低く押さえ、ひたすらトルクを重視する。

おそらく多くの人が言うだろう。

「乗りやすい!」

これに新技術はいらないから、簡単にできるだろう。

車内空間

車内空間は広い方がいい。

しかし、狭ければ狭いで納得できる。

荷物もたくさん載せれる方がいい。

しかし小さければ、工夫で何とかできるものだ。

普通にハッチバックタイプなら、後ろの席を倒すだけでかなり自由度がきく。

車体の話に戻るが、車内空間のために車体を大きくするのはナンセンスだ。

安全性

安全性はもちろん大切です。

しかし安全性が高いからと言って、人はクルマを選びません。

買ったクルマは安全性も高かった、という程度だろう。

もちろん、現在の安全基準を守るのは前提です。

ただ必要以上に上げるのはどうだろうか?

たとえば、軽自動車の安全性をアピールしているクルマがある。

所詮は軽である。

安全性を気にする人は、もっと上のクルマを買うのではないだろうか?

個人的にはコストを無駄にしているように感じる。

装備

現在は装置に溢れている。

もちろんあれば便利だ。

そして一度使うと、必要と感じてしまうだろう。

「しかし、無くてもいいものはたくさんある」

バッテリーも最低のものでいい。(クルマ以外に利用させない)

パワーウインドーも運転席だけでいい。(他の人は自分で開けろ)

ナビなんて要らない。(必要ならポータブルで)

ラジオなんて要らない。(携帯とつなげる外部端子があればいい)

スピーカーなんて前二つで十分だ。(聞こえればいい)

小物入れは一つで良い。(車検証が入れば十分だ)

座席なんて普通でいい。(長時間のときは我慢する)

ドアは静かに閉まる必要はない。(昔みたいにバタンでいい)

タイヤなんて小さくていい。(デカイと高いだけ)

オプションなんて不要だ。(付けたければ別の車種にして)

特別なことは何も書いていない。

少し前の状態で十分だと書いている。

スポンサーリンク

まとめ

安全性を基準値にとどめて、オプションを考慮しないと自然に小型化ができるだろう。

その結果、同じエンジンで自然にエコになる。

もちろんコストも下がるだろう。

外見なんて普通で良い。

もしかしたら今風の丸みを付けずに、角ばっていると面白いかもしれない。

おそらく安っぽいクルマになるだろう。

しかし、割り切っている人は多い。

そして決して恥ずかしくもない。

「クルマなんて乗れればいいから」と考えている人も多い。

もちろん、こんなクルマばかりになるのを望んではいない。

このようなクルマも作って欲しいという、ただの願いです。

実際の開発に関わっている人が見たら、鼻で笑うようなことばかりかもしれませんが、その点はご容赦を。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R