「私が敵ならこの期を必ずしも危機とは見ない」という発想が必要

2018年春アニメ「銀河英雄伝説~DIE NEUE THESE~」2話の名言を紹介する。

↓公式ホームページはこちらより

全文は次になる。

「我々はいかにも有利だが、私が敵ならこの期を必ずしも危機とは見ない」

メインキャラクターの一人、ヤン・ウェンリーの言葉だ。

この時の状況など、いろいろ考えていく。

スポンサーリンク
wp_336x280R

状況の説明

まずこのアニメ、銀河の争乱をラインハルトとヤン・ウェンリーの二人の人物を中心として描かれる物語。

帝国軍に対して、2倍の兵力で包囲殲滅しようとしている同盟軍。

圧倒的有利と判断しているため、同盟軍内部は安心しきっている。

しかしヤンは有利なのは間違いないが、不利な面にも目を向けている。

その時に語ったのが今回の名言となる。

感想と考察

闘いとは常に相対的なものであるが、人は時として絶対的な物と判断してしまう。

また有利な点ばかりに目が行ってしまうもの。

しかし有利な点の中にも不利な点はあり、不利な点の中にも有利な点はある。

分析してみると、兵力的には圧倒的に有利である。

包囲網を完成させることが出来れば、勝利は揺るがなくなる。

しかし包囲による合流前は、個別に分かれた少数に過ぎない。

このことから包囲する前の対策が必要なのだが、今回はその点が見落とされていた。

また心理的な面を考えても、「2倍の敵に相手はひるんでしまう」という思い込みが相手に逆を取られる可能性を生んでしまう。

まとめ

ここで注目したいのは、闘いには常に敵がいることです。

そして敵とは、必ずしもこちらと同じ考えではない。

思い込みによる作戦は、もっともしてはいけない。

冷静な判断により、あらゆる可能性を考慮すべきである。

しかしあらゆることに考慮すると、全てがおろそかになるという弱点も持つ。

そのため自分の有利な点を理解し、相手が自分の不利な点を攻撃してくることを想定して、ある程度の絞り込みが必要になる。

そこに自分の都合が入ってはいけない。

改めて書くが、「全ての闘いは相対的なものである!」

↓アマゾン以外のVODでも使用できるものが多数あります。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

posted with amazlet at 18.04.14
Amazon (2017-04-06)
売り上げランキング: 1

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→「無用になってくれれば良かったのだがね」という残念な状況について

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク