「楽しいだけじゃやって行けない。叶えるべき目標があるならば!」が名言なので紹介する

2018年春アニメ「ウマ娘」の3話に名言があったので紹介する。

↓公式ホームページはこちらより

全文は次になる。

「テイオーは私みたいになりたいと言っていたな」

「楽しいだけじゃやって行けない。叶えるべき目標があるならば!」

「強くなったら共に走ろう! 約束だ。忘れるなよ!」

生徒会長のシンボリルドルフがトウカイテイオーに話した言葉だ。

この時の状況など、いろいろ考えていく。

状況の説明

まずこのアニメ、競馬をするために生まれたウマ娘たちがレースをする物語。

優れた能力を持つトウカイテイオーは、なぜか厩舎を决めることをしなかった。

スペシャルウィークが所属しているスピカからも声を掛けられていたが、入ることは保留にしていた。

そんな時、スピカのメンバーがあまりにもダンスが下手なため、指導として協力する。

その後いろいろと一緒にいた、スピカのメンバー達の楽しげな雰囲気を見るにつけ、自分もスピカに入ることを决める。

その報告をした時、憧れのシンボリルドルフから言われたのが今回の名言となる。

感想と考察

人は楽しくないよりは、楽しいことを求める。

それは気持ちが前向きになることから、プラス面もある。

しかし楽しさは時として甘さとなり、自分の成長を阻害することもある。

誰もが怒られたいとは思わないが、その悔しさが時として力になることも事実だ。

この境目に明確なものはない。

なぜなら人によって、その境界線が変わるからだ。

そのためどちらが正しいかではない。

どちらが自分に合っているかに過ぎない...

まとめ

勝負における楽しさとはなんだろうか?

もしくは仕事に対する楽しさとはなんだろうか?

これに関しては二種類存在する。

途中経過における、状況としての楽しさ。

そして結果から味わえる、達成感的な楽しさになる。

もちろん後者の方が、本質的な楽しさなのは言うまでもない。

前者が楽しくても、後者が悪ければ全てが楽しくなくなる。

逆に前者が楽しくなくても、後者が楽しければ全てが良い思い出となる。

高い目標は無く、また必要もしなければ、日常の楽しさを求めるのが良い。

しかし高い目標が有るのなら、日常の楽しさは後回しにしなければ行けない。

それが自分自身の望むべきことになる。

↓アマゾン以外のVODでも使用できるものが多数あります。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

posted with amazlet at 18.04.14
Amazon (2017-04-06)
売り上げランキング: 1

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→「望まない結果だったとしても、それで上を向くか下を向くか、あいつしだいさ」が名言なので紹介する

→ウマ娘インデックス

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク