ウマ娘が面白いので実際の「スペシャルウィーク」を語ってみる

2018年春アニメとして始まった「ウマ娘」

予想に反して面白いので、それをより楽しむために実際のモデルになった
名馬「スペシャルウィーク」を語ってみる。

↓公式ホームページはこちらより

スペシャルウィークのレースについて語っていく

まずウマ娘のスペシャルウィークはこちら

アニメの主人公になる。

ここからは実際の名馬スペシャルウィークのレースについて語っていく。

3歳新馬

デビュー戦となる3歳新馬戦は2馬身差で勝利し、順調にスタートする。

現在とは年齢表記が違うため、現在の2歳と同じになる。

白梅賞

2戦目となる白梅賞ではハナ差ではあるが、まさかの2着。

しかも負けたアサヒクリークはこの勝利の後、活躍していないため不思議な敗戦である。

1600mのレースのため、もしかしたら短い距離は苦手なのかもしれない。

きさらぎ賞(G3)

巻き返しを狙った初めての重賞であるきさらぎ賞。

単勝1.7倍の圧倒的一番人気で迎え、その人気に答える圧勝劇で勝利を飾る。

弾けるように直線で伸びてくる、スペシャルウィークの真骨頂ともいえるレースになる。

弥生賞(G2)

はじめての東への遠征となる弥生賞。

ここで初めてクラシック戦線のライバルとなる「セイウンスカイ」と対決する。

但し一番人気は「キングヘイロー」であった。

レースは強烈な逃げ馬あるセイウンスカイが、ゴール手前まで独走していた。

そしてスペシャルウィークの位置は、誰もが絶望的な位置と判断した。

しかし残り200mを過ぎた後、強烈な末脚で追い上げてくるスペシャルウィーク。

きっちりゴール前で抜いたレースは、圧巻の一言だった。

→1998年 弥生賞(レース映像)へ

皐月賞(G1)

初めてのG1である皐月賞。

圧倒的一番人気に押されるが、セイウンスカイの逃げに屈して敗北する。

またキングヘイローにも敗れて、初の3着となる。

東京優駿(日本ダービー、G1)

そして迎えた日本ダービー。

競馬に携わる人の全てが勝つことを夢見るレースである。

またスペシャルウィークに乗る武騎手は、この時点ではダービー勝利は無かった。

この当時、他のレースでは勝ちまくっていたがダービーだけは勝てない。

「武豊はダービーに勝つことは出来ない」とすら言われていた。

そして迎えたレース当日、前回の皐月賞で敗れていたのに単勝2.0倍の圧倒的な人気となる。

レースはスタートから以外な展開を見せる。

誰もがセイウンスカイが引っ張る展開を予想していたが、実際に先頭に立ったのは

キングヘイロー。

前回の皐月賞ではスペシャルウィークより上の2着に来ており、また本来は控える競馬をしている。

そしてセイウンスカイは2番手につける展開になる。

全体的にゆったりしたペースで進んでいき、最後の第4コーナー。

外に持ち出したスペシャルウィークは、直線の半ば頃にはセイウンスカイを抜き去り独走状態。

終わってみれば5馬身差の圧勝であった。

スペシャルウィークと言えばダービーであり、武騎手に初めてのダービーを取らしたのが
スペシャルウィークであった。

→1998年 日本ダービー(レース映像)へ

京都新聞杯(G2)

休養明けの菊花賞へのステップレースである京都新聞杯。

クビ差ではあったがライバルのキングヘイローに勝利し、順調に始動する。

菊花賞(G1)

クラッシク最後のレースであり長丁場3000mの菊花賞。

今回も圧倒的な一番人気でレースを迎える。

しかし今回はライバルのセイウンスカイが芸術的とも言える逃げをする。

当時の菊花賞レコードを更新する走りにより、スペシャルウィークは3.1/2差をつけられての完敗を喫する。

ジャパンカップ(G1)

再起を目指して挑んだ、初めての古馬との対決になるジャパンカップ。

圧勝したダービーと同じレース条件のため、今回も一番人気となる。

しかし今回は後に凱旋門賞2着に入る「エルコンドルパサー」と天皇賞秋を勝利した名牝
「エアグルーヴ」に屈しての3着となる。

またこの時は初めて武騎手ではなく、岡部騎手が手綱を取る。

それは武騎手が騎乗停止になっていたためだった。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク


スポンサーリンク
wp_336x280R