せどりはめんどくさい?

せどりについて今回は、「めんどくさい?」を考えます。

前回の記事に興味がありましたらこちらよりどうぞ

→せどりは儲かる、儲からない?

せどりを始める前に考えること

せどりをするか判断する時に、一番最初に考えるは「儲かるか?」です。

しかし、儲かると判断しても少し待って下さい。

なぜなら、せどりは「めんどくさい」からです。

「儲かるか?」も大切ですが、本当はこの「めんどくさい作業」を繰り返すことが
出来るか? を考えることの方が大切です。

分かりきっていることですが、改めて手順を考えていきます。

せどりの手順

1)商品の調達

まず販売するための商品を調達しなければなりません。

その方法には、「店舗での購入」と「ネット注文」の二種類が一般的です。

まず店舗せどりですが、「どの店舗で?」が問題になります。

大型電気店、ホームセンター、中古ショップといろいろありますが、初めのうちは差額のある商品を見つけることは困難です。

確かに、「バーコード読み取りで簡単」と言っていることもありますが、作業は簡単でも
商品を見つけることは困難です。

正直、普通に並んでいる商品で差額があるものなど、ほんの少数です。

ワゴンセールなどは狙い目かもしれませんが、根本的に単価の低い商品の場合、
「どれだけ仕入れますか?」という感じです。

せどりを本格的に始める前に、一度テスト的に店舗の確認をおすすめします。

おそらく労力だけがかかって、全然見つからないと思います。

次に電脳(ネット)による調達を考えてみます。

正直、自力で一品ずつ検索をしても見つかりません。

最低でも差額を自動でピックアップしてくれるツールは必要です。

有料や無料といろいろありますが、これは絶対に必要と言えます。

ただ、それらの紹介するのは本ページの趣旨と異なりますので省略します。

購入自体は、机に座って注文、後は商品を受け取るだけ。

このように書くと簡単に見えますが、ネット注文には問題があります。

それは、「全国の人が同じように購入できる」ことです。

たとえ有料で優秀と言われるツールでも、他に使っている人がいます。

継続してしている人は、ノウハウなども持っているでしょう。

そういう人たちと争って、商品を購入しないといけません。

けっこう大変であり、めんどくさいです。

また購入後は、配送業者からの受け取りも結構めんどくさいです。

まとめて決まった業者で来るのならいいですが、そうでなければ一日に複数の配達業者が
来ることになります。

専業ならましですが、副業なら受け取ることすら大変です。

また購入時に日にち指定も時間指定も出来ないことがほとんどですので、自分の行動が
制限されるのもストレスになります。

また、届いた商品を管理する必要があります。

部屋は圧迫されますし、商品も増える一方です。

そんな当たり前のことは、事前に認識する必要があります。

商品の販売

次に入荷した商品の販売を考えます。

まず、どんなシステムでの販売を考えているでしょうか?

一般的には、「ヤフオク」「メルカリ」「アマゾン」「楽天」などが候補にあがります。

まずヤフオクやメルカリは写真が必要になります。

そして出品手続き。

一つ一つは簡単でも、数が増えれば大変です。

アマゾンの場合は他の人の商品ページに相乗りする形が多くなるため簡単ではありますが、
随時価格確認をしないと全然売れない状況が続きますので、結構面倒くさいです。

楽天はよく知らないので、とりあえずスルーします。

商品の発送

そして最後に商品の配送作業です。

会社として複数でしているならともかく、いつくるか分からない注文に対して、対応するのは大変です。

また一人でしている場合は、連休なども取りにくくなります。

社会人の副業なら、出張などとの調整も必要になるでしょう。

たとえ自宅に居たとしても、「宛名書き」「梱包」「配送御者に連絡」などの各種作業が必要になります。

少数ならともかく、一日10ヶぐらいになりましたら結構な作業です。

ただアマゾンでの販売を考えているのなら、アマゾンの倉庫に一括搬入の後、売れればアマゾン自体が発送してくれるシステムもありますので利用するのも便利だろう。

アマゾンFBA(フルフィルメントbyAmazon)については下記より移動出来ます。

→アマゾン出品サービス ホームページヘ

ただ、もちろん月会費や手数料はかかります。

ある程度の販売数を見込めないと、マイナスになるので注意が必要です。

購入者への対応

せどりとはいえ、最終的には購入者への対応が必要になります。

商品の説明を求められることもあるでしょう。

発送したものが届いているかの確認も必要になります。

最悪、返品やクレーム連絡があるかもしれません。

商売慣れしていない方にとっては、結構な負担になります。

また慣れていても副業を予定しているなら、本業で疲れている時に連絡がくるのは多大な
ストレスになります。

数の差はあれど必ず発生しますので、ある程度の覚悟は必要です。

まとめ

せどりは儲かるかもしれませんが、全体的に利益は薄いです。

また問屋から仕入れて、同じ商品を大量販売することは難しいため、一品ずつの販売に
なるでしょう。

最初のうちは慣れの関係から、イレギュラーなことも起きますし、梱包などの作業も時間が
かかるでしょう。

一つ一つの作業は簡単だとしても、ちまちました作業はとにかく「めんどくさい」です。

絶対に「自分はこのような作業を続けることが出来るのか?」を自分に問いかけてから、
せどりは始めることをおすすめします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク