「ダーリン・イン・ザ・フランキス」ゼロツー画像まとめました

2018年冬アニメとして始まった「ダーリン・イン・ザ・フランキス」

メインキャラの一人であるゼロツーがかわいくて、そしてかっこいい。

その良さを各話より厳選して画像をピックアップする。

↓アニメ公式ホームページはこちらより

1話 独りとヒトリ

オープニングで登場するゼロツー満面の笑顔。状況はこの段階ではよく分からない。
しかしゼロツーの心からの笑顔は、かなり貴重となる。

ゼロツーが叫竜と戦うも、パートナーが行動不能になる。
その時、偶然近くにいたヒロをストレリチアに呼び込むところだ。

「今から君が僕のダーリンだ!」

有名なシーンなので説明は不要だろう。

2話 繋がるということ

2話はイチゴが中心の回だったので、ゼロツーの画像が少なかった。
その中でも、ゼロツーが甘い物好きというのが分かるものをピックアップしてみた。

3話 戦う人形

ヒロと一緒にオトナが住む街を見に来たゼロツー。

「ねえダーリン、逃げちゃおうか、僕と一緒に!」

ゼロツーの真面目な顔は貴重だ。

先程、逃げちゃおうかと言ったが、そんことが出来ないことはゼロツーもヒロも知っていること。そのため少しおどけたような表情で話だす。

「なーんつって!」

冗談っぽく振る舞うゼロツーだが、本心は分からない...

4話 フラップ・フラップ

オトナ達の指示により、13都市から出ていくことになったゼロツー。
体に触られた時、怒りから相手を吹き飛ばしてしまう。

「さわるな!」

しかし多数の銃口に狙われていたため、この後はおとなしく連行される。

おとなしく連行されていたゼロツーだが、追いかけてきたヒロの言葉により逃げ出すことを决める。

「それでこそ、僕のダーリン! 走るよ!」

少しぎこちないような作った笑顔。しかしそれも魅力の一つに感じる。

5話 キミの棘、ボクのしるし

ヒロと一緒に食事をするゼロツー。前回のことより、ヒロをさらに身近に感じている。

「はい、ダーリン! あ~ん」

好意自体は嬉しいが、これはかなり甘そうだ...

イチゴからヒロの体調について話をされるゼロツー。
しかし話の展開により、ゼロツーの角の部分に着けている装置が外れてしまう。
それにより叫竜の血を引く少女は、本来の姿を表してしまう。

「人間? 人間だって? じゃあさ聞くけど、君たちの人間って何さ?」

怖いと感じる場面でもあるが、悲しさも感じる場面でもある。

6話 ダーリン・イン・ザ・フランクス

押し寄せてくる叫竜の大軍との戦いの前、ヒロはゼロツーに戦う理由を聞く。
その時、ゼロツーが語ったのが次の言葉となる。

「理由か? 僕がバケモノだからかなー?」

後ろ姿だが、表情が見えるようだ...

叫竜との戦いの途中、ヒロが体の限界を超え倒れてしまう。
それでも戦い続けるゼロツーだが、我を忘れて暴走してしまう。
しかしヒロが復活した時、ゼロツーを抱きしめる場面となる。

「ダーリン?」

この後、気持ちを落ち着かせるゼロツーを見ると、本心での悲しさが見えてくる。

7話 流星モラトリアム

今回は前回の戦いの休息として、メンバー達は海に来ていた。
本物の海で泳ぐことが出来て、はしゃいでいるゼロツー。

「今度は本物の海だね。ダーリン!」

本心から楽しそうなゼロツーは貴重だ。

海の近くにある、昔の人が住んでいたエリアを探索していたメンバー達。
それが終わり、夕日を望む場所に来ていた。

「捨てたんだよ! かつて人間が地上で生活し、そして捨てた。
世界中には一杯あるよ。こんな所...」

ゼロツーがメンバー達に向かって、世界の現状を話すのは珍しい。

みんなが寝静まった夜、一人で空を見ているゼロツー。純粋に美しい場面だ。

スポンサーリンク
wp_336x280R
wp_336x280R
関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク